必殺仕食人

それで今日は…一体何処の何を食べろと仰るんで…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『東京ラーメン ドラゴン』@下妻市

アップする順番が逆になっちゃったけど…
茨城県筑西市での納品終了、県道からR294に戻る。
途中『道の駅しもつま』でトイレ休憩後、しゅかりん☆さんオススメの『東京ラーメン ドラゴン』に向かう。

店内に入り、メニューを見る。
ドラゴン20090128-01
何にしようかと考えながらちょっと視線を移動したら…
ドラゴン20090128-02
期間限定 デビルドラゴン!!
こりゃ食うしかない!!


…ということで、「限定」の文字に弱いところを露呈した俺(爆)

待つことしばし、デビルドラゴン登場。
ドラゴン20090128-03
なるほどこりゃ凄い色だ。
昔別府温泉で見た「血の池地獄」を思い出した。

まずはスープから…見た目通り辛いけど、その陰に見え隠れする甘味と酸味。
どことなくトマトっぽい感じの酸味が感じられて、これがなかなかイイ感じ。
ちなみにトマトは使っていないとの事だけど…。
とにかく、単に辛いだけのスープとは一線を画した重層的な味わいがいい。

麺は中太のストレート。
モチッとした食感で腰もあり、結構旨い麺。

トッピング…これが変わっている。
まずはチャーシュー。
ドラゴン20090128-04
ぶ厚いチャーシューを竜田揚げにしてある。
箸で持っただけでも崩れそうな柔らかいチャーシューは食感抜群。
衣の香ばしさも加わって、なかなか面白い味。
これ単品で注文してビールの肴にしたら…最高かも!!

竜田揚げはチャーシューだけではなく…
ドラゴン20090128-05
何と、味玉まで!!
『麺屋武蔵 二天』で素揚げした味玉をトッピングしていたのを思い出した。
これも揚げ具合が絶妙で、黄身が固まっていないのがいい。
ここの店主、なかなかのアイディアマンと見た。

メンマは穂先メンマで、柔らかさの中にシャキッとした食感。
最近は『伊駄天』をはじめとして、穂先メンマを出す店が増えて来ている。
この手のメンマが大好きな私としては嬉しい限り。

こんな一杯なので、速攻で完食。
おもいっきりクセになりそうな一杯だった。
近所にあったら、頻繁に通っちゃうかも…。
次はレギュラーメニューを食べてみよう。
あと、しゅかりん☆さんオススメの水餃子もね。
でも、次はいつになるのやら…(笑)

スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2009/01/30(金) 08:27:11|
  2. ラーメン(茨城県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

『麺屋燕(つばくろ)』@焼津市

今日は茨城県から朝帰り。
朝帰りの時の楽しみのひとつ、焼津の『麺屋燕』で朝ラー。
麺屋燕20090129-01
店内に入り、ピリ辛ねぎそばの食券を購入。
カウンターに座ろうとしたら、ホワイトボードに何か書かれているのが視界の片隅に入った。
よく見たら…
麺屋燕20090129-02
ガ~~~ン!!
思わず我が目を疑った。
朝ラーをやっている店の中でも一番好きな店だったのに…orz
残念…その言葉しか出て来ない。

しばらくして、ラーメンが出て来た。
麺屋燕20090129-03
麺屋燕20090129-04
麺屋燕20090129-05
麺屋燕20090129-06
相変わらず細部に至るまで良い仕事をしている。

スープは動物系と魚介系のWスープだが、魚介系を前面に出したチューニング。
その魚介の効き方はガツンと来るタイプではないが、シャープでキリッとした味わい。
以前感じた煮干の苦味は無く、以前よりも洗練された感がある。
朝食べるのには丁度良い端麗な味加減がいい。

麺はストレートの細麺で、腰がしっかりしている。
スルスルッとした食感で、喉越し抜群。

トッピングのチャーシューは柔らかく、優しい食感と味。
味玉は丁度良い半熟具合。
メンマは薄味で、シャキッとした食感が良い。
ピリ辛ねぎはそれほど辛いわけではなく、スープに適度なアクセントを与えるぐらいの辛さ。
朝から過激な辛さを求める向きは居ないだろうし、この辛さの度合は丁度良い選択だと思う。

こんな旨い朝ラーが来月以降食べられなくなるのが実に残念でならない。
もしも時間があれば、もう一度食べ納めに行こうと思う。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2009/01/29(木) 08:34:40|
  2. ラーメン(静岡県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

久々に『芋蔵BAR』

昨日の両国ハンドキャリーの帰り、久々にヨドバシAkibaの『芋蔵BAR』へ。

まずは生ビール。
芋蔵BAR20090127-01
お通しは自家製ピクルス。
私が苦手な酢の臭いがスパイスでイイ感じに消されていて、なかなか旨かった。

生ビールは一杯のみで、あとは焼酎ロック。
芋蔵BAR20090127-03
肴は大好物の…
芋蔵BAR20090127-02
辛子蓮根!!
この店の辛子蓮根は揚げたてなのが嬉しい。
アツアツで、おもいっきり鼻に抜ける強烈な辛さ…焼酎が進むこと進むこと。
『兼八』、『吉兆宝山』、『薩摩茶屋』と、この時点で3杯。

次はこれ。
芋蔵BAR20090127-04
もつ鍋の赤。
その名の通り、辛口のもつ鍋。
コンロを点火、野菜の嵩が低くなるまでグツグツと煮る。
待つことしばし…



ちょうど食べ頃!!
ここで焼酎を追加。
大好きな『破壊王』!!
残りちょっとしか無かったので、サービスにしてくれた。
感謝感謝である。

ピリ辛で食が進む。
芋蔵BAR20090127-06
さらに焼酎も進む(爆)
おかわりの焼酎もハナタレ系…
芋蔵BAR20090127-09
さて、どれを飲もうかな…。
結局選んだのは『兼重』。
芋蔵BAR20090127-10
『破壊王』よりもちょっとクセがあるけど、口当たりが柔らかくてイイ感じ。
と言っても、43度ぐらいあるけどね(笑)

もつ鍋完食。
ここで〆に入る。
今回の〆は…
芋蔵BAR20090127-07
長崎ちゃんぽん!!
もつ鍋の〆の中でも定番中の定番。
芋蔵BAR20090127-08
至福の時間…たまらんばい!!

身体はホカホカ、ちょうど良いホロ酔い具合で切り上げ。
この前居た「蛾次郎クン」は居なかったけど、相変わらずイイ感じの接客に大満足で店を出た。

テーマ:酒の肴 - ジャンル:グルメ

  1. 2009/01/28(水) 22:04:16|
  2. 酒・肴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

いびき

mixiでは公開したけど、こちらではまだだったので…。
音が小さいので、耳を澄ましてどうぞ。



テーマ:猫の動画 - ジャンル:ペット

  1. 2009/01/26(月) 20:23:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

パスタ作り、そして完成!!

昨日の夜は手打ちパスタの製作。

デュラムセモリナ粉。
王道のボロネーゼ20090123-01
本当は石臼碾の粗碾粉を使いたかったけど、ショップ在庫切れ。
仕方がないので普通のものを使う。

卵はこれを使用。
王道のボロネーゼ20090123-02
王道のボロネーゼ20090123-03
私の勝負卵(笑)、日の出たまご。

この2つを混ぜ合わせ、表面が滑らかになるまで捏ねる。
捏ね終えたらラップで包み、冷蔵庫で2時間寝かせる。
王道のボロネーゼ20090123-04
その間にパスタマシーンを準備。
王道のボロネーゼ20090123-05
久々の登場(笑)

2時間経過、作業開始。
しかし、ここでアクシデント発生。
生地をローラーで延している時、ガタンという音。
そして、チャリンという、小さいパーツが飛んで行った音。
こ…壊れた~っ…orz
一応延せることは延せるけど、ローラー回すとガクガクする。
ああ、やっぱり3980円の安物はダメだ…orz
このまま使い続けるとやばそうなので、手延しに変更。
これが結構力が要るし、どうしても厚さがバラバラになっちゃう。
弾力が半端じゃないので、延しても押し戻されてしまう。
蕎麦粉のほうがまだ御し易い。
カッターは生きているので、カットは楽だった。
王道のボロネーゼ20090123-06
これでパスタは何とか完成。

一夜明けて、今日のランチタイム。
冷凍しておいたソースを湯煎にかけて解凍。
大鍋でお湯を沸かす。
その間にパルミジャーノ・レッジャーノをおろしておく。

鍋が沸騰した。
フライパンにバターを溶かし、ソースを入れてあたためておく。
パスタをアルデンテちょい前まで茹でる。
茹で上がったパスタをフライパンに投入、強火でざっと混ぜる。
火を止めてからおろしたチーズをかけて、さくっと混ぜる。
皿に盛り、上からチーズをかけて…
王道のボロネーゼ20090124-01
王道のボロネーゼ20090124-02
完成!!

早速食べる。
王道のボロネーゼ20090124-03
うぉ~っ…すごく濃厚!!
牛の旨味がギュッと濃縮されていて、隠し味の鶏レバーの苦味、ポルチーニの香り、豚(生ハム)が与えた控え目な塩分…渾然一体とはまさにこういう味のことを言うんだろうね。
途中でチーズを増量すると、さらに引き締まった感じになった。
好みにもよるけど、チーズをたっぷりかけたほうがイイ感じ。
“dancyu”レシピ、恐るべし!!

惜しかったのはパスタ。
途中で壊れなければ…orz
今のマシーンはお払い箱にして、インペリア(イタリア製)あたりのマシーンを買おうかな…。
一万円以下で買えるみたいだし。

今回の挑戦、やってみて大正解だった。
確かに時間も手間もかかる。
完全なスローフードである。
でも、挑戦するだけの価値は間違いなくあった。
自分のレパートリーが増えたし、作業の大変さを体験することによって、プロの料理人に対するリスペクトは今まで以上に高まった。

今度はいつ作るかわからないけど…
その時には今回省いたフォアグラも入れてみたいなぁ~。

テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

  1. 2009/01/24(土) 17:15:09|
  2. 手打ちパスタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

本気で作ってみた!!

まずは下準備。
王道のボロネーゼ20090122-01
鶏レバーを牛乳に浸けて血と臭みを抜く。
血が抜けやすくするために、ハツ(心臓)には切り込みを入れる。
このまま3時間放置。

同時に…
王道のボロネーゼ20090122-02
乾燥ポルチーニ茸を水で戻しておく。

さらに…
王道のボロネーゼ20090122-03
ホールトマト。
王道のボロネーゼ20090122-04
種を取り除く。
思ったよりも種が少なかったので楽だった。

3時間経過。
王道のボロネーゼ20090122-05
水で戻したポルチーニ茸。
これを細かく刻む。
王道のボロネーゼ20090122-06
ポルチーニ茸の戻し汁。
これは後で使うので取っておく。
間違っても捨ててはいけない。

東京で買った、パルマ産生ハム。
王道のボロネーゼ20090122-07
これも細かく刻んでおく。
あと、鶏レバーも細かく刻む。
(これは見た目がグロいので写真割愛…あしからず)

牛挽肉。
王道のボロネーゼ20090122-08
今回はストック(冷凍保存)も一緒に作りたいので、1キロ用意。
これをオリーブオイルで炒める。
王道のボロネーゼ20090122-09
わざと焦げ付かせるように、強火で炒めるのがコツ。
火が通ったら生ハム、鶏レバー、ポルチーニ茸を投入。
さらに強火で炒める。

ここに赤ワインを600cc投入。
王道のボロネーゼ20090122-10
あと、マルサラワインも100cc。
王道のボロネーゼ20090122-11
ヘラで鍋の焦げ目をこそげ落とすように攪拌。
王道のボロネーゼ20090122-12
このまま中火で汁気が無くなるまで煮る。
残ったワイン(120cc)は…
王道のボロネーゼ20090122-13
料理人の特権で、当然こういうことになる(笑)
自称キッチンドリンカー(爆)
フルーティーでなかなかイイ感じのワインなので速攻で完飲。
もうちょっと飲みたい…。
だから…
王道のボロネーゼ20090122-14
計量カップにちょっと残ってるのもしっかり飲み干す(核爆)

汁気が無くなったら、ホールトマト、ポルチーニ茸の戻し汁投入。
そして、この前作ったチキンブイヨンとソフリットも投入。
塩、ブラックペッパー、シナモン、ナツメグ、ローレルを入れて…
王道のボロネーゼ20090122-15
弱火でじっくりと煮込み続ける。

3時間経過。
王道のボロネーゼ20090122-16
出来た~っ!!
“dancyu”2008年10月号掲載の「王道のボロネーゼ」!!
これ、一度作ってみたかったんだよね…。
記事のものはフォアグラまで入ってたけど、なかなか入手出来ないので省略。
「省いても可」って書いてあったし…(笑)

ひと口テイスティング…う…旨いじゃん。
肉の旨味が濃厚でしかも重層的な味。
今まで自己流で作っていたボロネーゼ、ありゃ一体何なんだ?

出来上がったソースは小分けしてジップロックに詰め、冷凍庫行き。
鍋にこびり付いて残ったソースは…
バターを溶かしてから残りごはんを投入、よく混ぜる。
火を止めてからすりおろしたパルミジャーノ・レッジャーノ投入。
サクッと混ぜてから皿に盛り、さらにチーズを振って…
王道のボロネーゼ20090122-17
まかない飯!!
これがものすごく贅沢な味!!
速攻で完食しちゃったよ~!!

続きは今夜パスタを打って、明日のランチで完結。
乞うご期待。

テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

  1. 2009/01/23(金) 08:27:17|
  2. クッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

おもいっきり遠い寄り道

今日は千葉県習志野市行きの早朝便。
8:30に納品を済ませ、帰路に就く…と思うでしょ?
それが違うんだよな~。
今日はおもいっきり遠くに寄り道してしまった。

房総半島を南下すること約60キロ、着いたのは勝浦市。
逆方向に60キロ…久々に風来坊の虫が騒いだ。
何しろ過去には青森で納品済ませてから電車で函館まで行ったり、
「海の向こうに長崎が見えた!!」
という理由だけで熊本県天草市からフェリーで長崎まで行ってしまった男である。
これぐらいの寄り道は序の口(笑)

なぜ勝浦まで寄り道したかというと、“dancyu”2月号に載っていたちょっと珍しいラーメンを食べたかったから。
そのラーメンを出す店は、ここ。
はらだ20090121-01
『はらだ』という店で、隣では雑貨店も営んでいる。
そのちょっと珍しいラーメンというのは…はらだ20090121-02
勝浦タンタンメン。
昔からこの地方にある、いわばご当地ラーメンである。

これ、四川料理の担々麺とは全然違う。
四川の担々麺は唐辛子やラー油、花椒を使って辛味を出し、芝麻醤でコクを与える、いわば複合系。
それに対して勝浦タンタンメンは芝麻醤は使わず、唐辛子とラー油だけしか使わない。
だから四川流のような重層的な辛さではなく、ゴマのコクも無く、味も全然違う。。
しかし、トッピングの炒めタマネギ、これが実に良い仕事をしている。
はらだ20090121-03
スープは見た目通り辛いが、シャクシャクの食感が絶妙に残されているタマネギが甘味を与えていて、辛さと甘さが交互に入り混じる。
ラー油がおもいっきり入っているように見えるが、これはタマネギから出た水分でかなり薄められていて、それほど油っこさは無い。
何ともいえない素朴な味で、ハマると結構クセになる。
「おふくろの味」の一杯…といったところか。
辛いモノには強いので想定内の辛さだったが、カプサイシンパワーで汗が出る出る…。
完食した時には身体はホカホカになっていた。

実際、この一杯を作っているのは女性。
タンタンメンを作り始めて40年にもなるという。
気さくに話しかけてきてくれて、少し会話を楽しむことが出来た。
はじめは雑貨店だけでやっていたが、しばらくしてからラーメン屋も始めたという。
元々人気店だったが、“dancyu”に掲載されて以来凄いことになっているらしい。
「もう70歳超えてるからのんびりとやっていきたかったのにね…」
と、ちょっと困惑気味ながらも
「でも、いろんなところからお客さんが来てくれるようになったよ~」
と、まんざらでもない様子。
「だってあの写真(“dancyu”の記事)見たら誰だって行きたくなっちゃうよ~。俺もその一人だもん」
と言ったら
「あ、あの写真ね。あの一杯は特に美味しそうに見えるように気合入れて作ったからね~(笑)」
いえいえ…私に出された一杯もなかなかそそられるルックスでしたよ~(笑)
「雑誌に載ってから正直しんどいけど、おばちゃんおばちゃんって頼って来てくれる人がたくさんいるから張り合いがあるよ」
茶目っ気があって、明るくバイタリティ溢れるおばちゃん、いつまでも元気で頑張って欲しいものである。
また来るよ~!!


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2009/01/22(木) 03:37:02|
  2. ラーメン(千葉県)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8

チキンブイヨン

あまりにも気色悪い食べ物をアップした反省…というワケではないけど…
昨日、チキンブイヨンを仕込んだ。
チキンブイヨン20090118-01
チキンブイヨン20090118-02
チキンブイヨン20090118-03
湯通しした鶏ガラをよく洗って血合いを取り除き、手羽先と一緒に水からグツグツと煮込む。
沸騰したら中火にして10分ぐらい灰汁を取り除き、野菜投入。
チキンブイヨン20090118-04
再び強火にして、沸騰したら中火に戻し、灰汁取り。
ここで軽く砕いた黒胡椒の粒とローレルを投入…あれっ?
ローレルが無いじゃん。
どうやら使い切っちゃった模様…orz
さて、困った…。
まさか…
チキンブイヨン20090118-05
同じローレルでも、これを入れるわけにもいかないし…(爆)
灰汁が落ち着いてから、近所のスーパーにダッシュ!!
チキンブイヨン20090118-06
何とか間に合った(笑)
チキンブイヨン20090118-09
あとは時々灰汁をすくいながら、中火でコトコトと2時間。


その間に、ソフリットを仕込む。
タマネギ、人参、セロリのみじん切りをオリーブオイルで炒める。
チキンブイヨン20090118-07
焦げ付かないように、弱火でじっくりと時間をかけて炒める。
30分炒めると、こんな感じ。
チキンブイヨン20090118-08
これでソフリットは完成。
容器に移して冷蔵庫に入れておく。


2時間経過。
ざるで濾して、チキンブイヨン完成。
チキンブイヨン20090118-10
水3.5リットルから最終的に1.3リットルのブイヨン。

小皿に取って、ほんの少し塩を振ってテイスティング。
軽いけど鶏の旨味と野菜の甘味がしっかり出ている。
固形コンソメでは絶対に味わえないスッキリとした味がイイ感じ。
さすがにラーメン用には弱いけどね(笑)

800ccは塩コショウで味を整えて、今夜の食卓に。
残りの500ccは、ソフリットと共に別の料理に使う。
何を作るのかは…今は秘密。
完成したらアップ予定。


今回の副産物は2つ。
チキンブイヨン20090118-12
人参はバターで炒めて塩コショウで味付けして食べた。
ブイヨンが浸み込んでいて、柔らかくて旨かった。

もうひとつは…
チキンブイヨン20090118-11
手羽先の肉。
これは今夜使う予定。
塩コショウで味付けしてサラダに入れようかな。

テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

  1. 2009/01/19(月) 10:11:14|
  2. クッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ドキュメント・兇悪の単独登山


山は美しい。
澄み渡った空気。
目に鮮やかな緑。
小鳥のさえずり。
頂から望む下界の大パノラマ。
これは実際に山を制覇した者でなければ
絶対に味わえない醍醐味である。

しかし、同時に…
山は恐ろしい。
予告も無く猛威を振るう自然の力…
時としてそれは、頂を目指す者に兇悪の牙を剥く。
そしてそれにはどんな人間も太刀打ち出来ない。
たとえそれが、どんなに低く平坦な山であっても…。



今朝、ある山に登って来た。
その山はそれほど高くない。
むしろ「山」というにはあまりにも低い。
しかし、過去に多くの遭難者を出した、難攻不落の山である。
その山とは…





























マウンテン2あの有名な、『喫茶マウンテン』!!0090117-01

泣く子も黙る、名古屋のこの山!!
あの有名な、『喫茶マウンテン』!!


マウンテン20090117-02
昨年新しく建て直した店舗。
よく見ると…
マウンテン20090117-03
真冬なのにもかかわらず、氷(爆)
一年中かき氷を出している。
これをベテランの登山家達は「冬山登山」と称して果敢にチャレンジするという。

メニューを見ると、およそ普通では考えられないメニューのオンパレード。
新作と称して…
マウンテン20090117-04
こんなのもあったりする。
想像しただけでも恐ろしい。

今回私が挑戦したのは…甘口系スパ。
過去2回登頂に成功したことがあるものの、1回目は納豆系、2回目は激辛系。
ここの真骨頂である甘口系にはまだ挑んだことが無かった。
私は元々甘いモノは得意ではない。
しかしここでは甘口系を制さなければ、真の意味での登頂成功とはいえないらしい。
そこで真の登頂者となるべく、立ち上がった次第。

オーダーを通し、出て来るのを待つ。
待っている時間がやけに長く感じられる。
処刑の順番を待っている死刑囚の心境というのは、こんなものなのだろうか。

待つこと約10分、いよいよ目の前に姿を現した甘口系スパ。










今回は…









季節限定…










マウンテン20090117-05
甘口イチゴスパ!!
マウンテン20090117-06
イチゴに生クリーム…
マウンテン20090117-07
キウイフルーツ…
マウンテン20090117-08
パスタ…
普通ならば絶対にありえない組み合わせ!!
それが普通にあるのがこの山の恐ろしいところである。

まずはパスタから…
マウンテン20090117-09

う゛っ…

当然だけど、おもいっきり甘いイチゴ味。
このパスタ、かき氷にかけるイチゴ味のシロップで味付けしてある。
それも…温かい。
その甘い湯気でおもいっきりむせ返りそうになった。
辛さや刺激臭でむせ返ることはあったが、甘い匂いでむせ返ったのは、人生で初の経験(笑)
こりゃ手ごわい…脳裏に「遭難」の不安がよぎる。
それでも何とかしなければと、意地になって食べる。

途中、こんなのが出て来た。
マウンテン20090117-10
何だ、この物体は?
フォークですくい上げてみたら…
マウンテン20090117-11
アツアツのイチゴ!!
しかも油で炒めてある!!

これを口に入れてみると…ありえない味。
旨いとか不味いとかの領域ではない。
ひと言で言えば…
気持ち悪い…orz
イチゴの甘さは消え、酸味と青臭さばかりが目立つ。
このイチゴ炒めが6切れも入っていて、おもいっきり食欲減退に拍車をかける。

トッピングのイチゴとキウイは何も手を加えていない。
だから普通に旨い。
そこで、パスタとイチゴ炒めをある程度食べたところで「口直し」としてイチゴとキウイを食べることに…。
うん、こうするとだいぶ楽だ。

そうこうしているうちに、10分経過。
マウンテン20090117-12
やっとここまで漕ぎ着けた。
でも、ここからがおもいっきり苦痛。
皿の照りを見ていただければおわかりだろうが、メチャクチャ油っこいのである。
だからメチャクチャ重い。

油っこさと生クリームの重さと格闘…途中オートリバースしそうになるのを必死で堪え…
マウンテン20090117-13
ウーロン茶の助けを借りながら…
マウンテン20090117-14
登頂成功!!
マウンテン20090117-15
大量の油の中に浮かぶ生クリーム。
これが今回のアタックのハードさを物語っている。

登頂に成功はしたものの…達成感は全然沸いて来ない。
むしろ、遭難者のような心境。

「今の心境は?」

と問われても…

「気持ち悪い」
「苦しい」
「吐きたい」


この3つの言葉しか出て来ない…orz


山をなめてはいけない!!
どんなに低い山でも
どんなに平坦に見える山でも
なめてかかると
きっと痛いしっぺ返しを食らうことになるぞ!!


昔、あるベテラン登山家に言われた、こんなひと言を思い出した。

テーマ:ゲテモノ食い - ジャンル:グルメ

  1. 2009/01/17(土) 13:29:25|
  2. 食べ歩き(その他アブノーマル系)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

昨日の昼食

昨日は東京行きハンドキャリー。
往復便なので都内で食べ歩き…というわけにはいかない。
酒も飲めない。
仕方がないので帰りの新幹線の中で弁当。

昨日買ったのは“GRANSTA”にある“eashion”のデミグラスハンバーグ&半熟オムライス。
eashon20090115-01
eashon20090115-02
eashon20090115-03
eashon20090115-04
見た目ちょっと豪華そうだったので買ってみた。

オムライスは卵がトロトロ。
チキンライスもバターが効いていて、なかなかイイ感じ。
ハンバーグも弁当としてはかなり厚い。
eashon20090115-05
デミグラスソースはややビターで大人向けの味。
こういう味のデミグラスソースが好きなので、結構好みに合った。
これでレンジでチンしてくれれば最高かも。

もう一品、この前買ってど真ん中のストライクだった、これ。
グリーンカレーコロッケ20090115-01
グリーンコロッケカレー20090115-02
“mango tree deli”のグリーンカレーコロッケ。
最初香草の香りがして、次にココナッツミルクの甘さ、そして最後に意表を突くような強烈な辛さ。
この三段攻撃に完全に参った!!
うっすらと汗をかきながら完食。
今度は持ち帰ってビールの肴にしよう。

テーマ:【お外でご飯・東京編】 - ジャンル:グルメ

  1. 2009/01/16(金) 15:12:25|
  2. GRANSTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ドラカツ特大辛口一丁~!!

…なんて事書いても、解る人は一部の人だけだよね(笑)
これは私のお気に入り『きしばた』@榛原郡吉田町の名物メニュー、ドライカツカレーの特大辛口の略。
今日の昼はこの近くを通ったので、久し振りで寄ってみた。

この店に初めて行ったのは、もう30年近くも前。
大学3年ぐらいの頃かな。
夏休みに友達と海水浴に行った帰りに寄ったのが最初。
その時に注文したのが、ドラカツ特大辛口。
完全にハマってしまい、以来この店に行くと大体これを注文する。

今日ももちろんドラカツ特大辛口。
きしばた20090114-01
きしばた20090114-02
きしばた20090114-03
ガッツリと食べられるこのボリュームがいいんだよね~。

味は昔懐かしい味…と言っても、「おふくろの味」ではない。
基本的にはカレースタンド系の味だけど、それともちょっと趣が異なるような…。
うまく表現出来ないが、家では滅多に料理を作らない親父が作った…そんな感じの味。

私の世代ぐらいの人の親父…昭和ヒトケタ世代の男というのは、「男子厨房に入るべからず」を地で行く人が結構多い。
私の親父もそうだった。
そんな親父が不器用ながらも一生懸命作ってくれたカレー…そんな雰囲気が感じ取れるのである。
だから見た目は武骨。
でも、味は結構力強くて、ガッツリと食べられる。

実際、店で腕を振るっているのはおやじさんである。
ドラカツを注文すると、40センチはあろうかというデカいフライパンを力強く振ってライスを炒める。
最近は息子さん(?)がフライパンを振って、おやじさんはフライヤーでカツを揚げていることが多い。
でも、おやじさんの元気で大きな声は今も健在。
一見頑固そうで、接客もぶっきらぼうな感じだけど、そんなおやじさんが一生懸命作ったカレーが大好きである。
「カレーが足りなかったら言ってね~」
と言ってカレーを追加してくれる心配りも嬉しい。

久々のドラカツ特大辛口に大満足。
おやじさん、ありがとう~。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

  1. 2009/01/14(水) 16:44:55|
  2. 食べ歩き(その他正常系)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

レバーの燻製

正月に友人のスガピーさんからいただいた、レバーの燻製。
レバー燻製20090113-01
昨日の夜はこれを肴にビール。
レバー燻製20090113-02
これがメチャクチャ合うんだよね~。
結局ロング缶を2本やっつけてしまった。
その後で焼酎を…と思ったら、切らしてた…orz
また注文しなくちゃ、『破壊王』。

スガピーさん、ありがとうございました。

テーマ:酒の肴 - ジャンル:グルメ

  1. 2009/01/14(水) 15:41:58|
  2. 酒・肴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

昨日の残り物で…

昨日の鴨つくね入り鴨せいろのつけ汁が400ccぐらい残った。
つくねも2個残っている。
あと、つくねを湯通ししたお湯が500cc。
これが大量のつくね(20個以上)を湯通ししたので、意外といい鴨スープになっていた。
思いもよらぬ副産物である。
この2つを合体させたら…結構イイ感じになるかも。
そう思って、昨日の夜やってみた。
副産物の鴨スープを沸騰させ、灰汁をすくってからつけ汁と合わせる。
すると…メチャクチャ旨いじゃん!!
明日の昼はこのスープを使って何か作ってみよう!!

明けて今日のお昼前。
スーパーで鶏もも肉(唐揚げ用)だけ調達。
本当は鴨肉を使いたいところだけど、高いから鶏肉で代用。

家に帰ってねぎと三つ葉を適当な大きさに切る。
鶏肉は塩コショウしてから皮目から焼き、酒を振って蒸し焼きに…。
鴨汁ラーメン20090112-01
鴨汁ラーメン20090112-02
肉が焼けたら、ひと煮立ちさせたスープの中に入れる。
同じフライパンで斜め切りのねぎを軽く焼く。
昨日と同様、鶏の脂をじっくりと浸み込ませる要領。
焼けたらバットに上げておく。

ここで、こちらの登場!!
鴨汁ラーメン20090112-03
マルタイ棒ラーメン!!
替え玉だけで使うのもマルタイさんに悪いしね…(笑)
鴨汁ラーメン20090112-04
固目が好きなので1分半。
同時進行で丼にスープを張っておく。

1分半経過…麺をざるに上げ、しっかりと湯切りをしてから丼に移す。
鶏肉、つくね、三つ葉、焼いたねぎをトッピングして…
鴨汁ラーメン20090112-05
完成!!
和風鴨出汁ラーメン
鶏ソテーと鴨つくね添え


しょっぱそうな色のスープだけど、見た目ほどしょっぱくない。
むしろ鴨やねぎの甘さが出ていて、まろやかで優しい味。
鰹の効きもイイ感じ。
こりゃたまらん…。
麺はマルタイの固目だから悪かろう筈が無い。
速攻で完食しちゃったよ(笑)

鴨つくねの次の日の楽しみ方発見!!
今度また作ってみよう~♪

テーマ:残り物リメイク&アレンジ - ジャンル:グルメ

  1. 2009/01/12(月) 13:29:32|
  2. クッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

鴨つくね入り鴨せいろ

大晦日に作った鴨つくね入りの鴨南蛮がかなりイイ感じだったので、鴨せいろに応用してみた。
鴨せいろ20080111-01
鴨肉が沈んじゃった(笑)
一応2枚入ってます。

蕎麦は高山製粉の新製品「霧が峰」を外二で打ったもの。
鴨せいろ20080111-02
結構扱いやすい粉で、水回し、括り、延し、切り…スムーズに進められた。

蕎麦だけで食べてみると、香りも味も凄く濃厚。
いつも使っている「蓼科」や「縄文」よりもかなり濃い。
ただ…高いんだよね、この粉。
だからいつも使うのはちょいとキツイかな。

次につけ汁に浸して食べる…こちらも鴨の味が濃厚でイイ感じ。
鴨肉とつくねの両方からエキスが出ているから、今まで作った鴨汁よりもかなりコクがある。
やっぱりつくねの効果は大きかった。

今までよりも手間は倍かかるけど、それだけの効果はあった。
また作ってみよう!!

テーマ:蕎麦打ち日記 - ジャンル:グルメ

  1. 2009/01/11(日) 23:27:16|
  2. 蕎麦打ち関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アイバンラーメンのカップ麺

先日サークルKサンクスで発売になった『アイバンラーメン』のカップ麺。
アイバンラーメンカップ20090109-01
ラーメンの魅力に取り付かれたアメリカ人のアイバン・オーキンさんが、東京にオープンさせた『アイバンラーメン』…私はまだ行ったことはないけど、その話題性と旨さでたちまち人気店となった。
そのアイバンさんが監修したカップ麺である。
昨日に続いてカップ麺連チャンです(笑)
アイバンラーメンカップ20090109-02
アイバンラーメンカップ20090109-03
素晴らしくクリアなスープは塩味。
見た目通りの端麗な味わいで、魚介系の効き方が何とも上品。
日本人よりも日本人らしいラーメンを作る人なんだ…YAMATO-DAMASHII!!
日本人店主はうかうかしてられないぞ~(笑)
アイバンラーメンカップ20090109-04
麺は細麺で、モチッとした弾力のある食感。
腰もあって、スルスルと入って行く。
最近のカップ麺は良く出来てるね~。
速攻で完食してしまった。

これにはマルタイの替え玉は合わないかも。
マルタイはモッチリ感が無くてスパッと噛み切れるタイプだし…
と思いつつも…
アイバンラーメンカップ20090109-05
すでに茹でる体勢に入っている俺がいる(爆)
アイバンラーメンカップ20090109-06
オリジナルの麺ほど相性は良くないけど、これはこれで悪くなかった。
喉越しの良さではむしろこちらが上かな。
一応やってみるもんだね(笑)

テーマ:カップめん - ジャンル:グルメ

  1. 2009/01/10(土) 17:39:32|
  2. 食べ物(インスタント&コンビニ系)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

カップ麺で替え玉?

と言っても、替え玉付きのカップ麺などあるワケがない。
私がよくやる方法である。

今回は明星とろっとろ豚骨。
とろっとろ豚骨20090109-01
とろっとろ豚骨20090109-02
とろっとろ豚骨20090109-03
まずはこれを普通に作って食べる。
とろっとろ豚骨20090109-04
黒っぽいのは鰹の餡。
これを混ぜると魚介豚骨になる仕組み。
スープはその名の通り、とろっとろ。
だから麺によく絡んでイイ感じ。

とりあえず完食、スープのトロトロ具合をビデオに撮ってみた。

結構とろとろでしょ?

さて、ここから替え玉登場。
替え玉に使うのは…
マルタイ替え玉20090109-01
御存知、マルタイラーメン。
固めが好きなので、茹で時間は1分半。
茹で上がった麺をざるに取って湯切り。
そのままカップに移す。
マルタイ替え玉20090109-02
マルタイ替え玉20090109-03
マルタイ替え玉20090109-04
これがまた旨いんだよね~。
特にこういう濃いスープだと、薄くなることもないし、麺に負けないし…。

マルタイラーメン利用の替え玉、是非お試しあれ!!
(今回使わなかった粉末スープは野菜炒め等の調味料として有効に利用出来ます)




マルタイラーメン 73gX2束入★税込3150円以上で送料無料★


マルタイラーメン(麺73g×2) X10食

テーマ:カップめん - ジャンル:グルメ

  1. 2009/01/09(金) 02:35:12|
  2. 食べ物(インスタント&コンビニ系)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

今年の初ラーメン(外食編)

昨日は市ヶ谷行きのハンドキャリー。
納品を済ませてから市ヶ谷駅方面に歩いて行くと、ある店の案内看板が…。
すごく旨そうな写真だったので、そのまま吸い込まれるように店に向かった。

その店とは…
麺や庄の20080106-01
麺や庄の20080106-02
『麺や 庄の』…初めて入る店である。

私が惹かれたのは、これ。
麺や庄の20080106-04
和牛スープカレー・ヌーヴォー、980円。
早速「創作」の食券を買う。

出て来たラーメンは、こんな感じ。
麺や庄の20080106-05
麺や庄の20080106-06
麺や庄の20080106-07
すごくビジュアル的にイカしている。
都会的で洗練された雰囲気…最近流行りの創作系らしいルックス。
別添えのトッピングは素揚げしたカボチャ、茄子、じゃがいも、おくら…いかにもスープカレーといった内容。
それに味玉と売りの和牛チャーシュー。

まずはスープから…スパイスの香りが心地良く鼻を抜け、次の瞬間ピリッと来る辛さ。
同時に奥深い旨味が口いっぱいに広がっていく。
こりゃ旨いや!!
スープカレー専門店も真っ青になるほどの完成度の高さに驚いた。
辛味は結構強いけど、旨味が消されるような事もない。
今まで食べたカレーラーメンの中では間違いなく一番!!

麺はストレートの細麺。
滑らかでしなやかな食感がイイ感じ。
個人的にはもう少し腰の強い麺のほうが好みだけど、こういうスルッと入る麺もいいね。

トッピングの素揚げした野菜は前述の通りスープカレーの王道的トッピングだから相性抜群。
味玉もトロトロ。
和牛チャーシュー…これもいいね~。
牛ならではの重厚な旨味がジワッと来る。
思ったほど柔らかくないけど、噛み締めるとより旨味が出て来るタイプ。

半分ぐらい食べたところで、もうひとつ…
麺や庄の20080106-08
ボジョレ・ヌーヴォーの果汁ソース…これをスープに加える。
すると味が劇的に変化!!
辛さが退いてマイルドな優しい味になり、さらにコクと旨味が増した。
辛いモノが苦手な人は、これを早目に投入したらいいかもしれない。

麺を完食、ここは当然ライス投入だが、今回は店オススメの別メニュー…
麺や庄の20080106-09
福神ライスコロッケ(100円)を投入。
麺や庄の20080106-10
麺や庄の20080106-11
これを崩しながら食べる。
油で揚げることで付いた焦げ目の香ばしさも加わって、さらに味わい深いスープカレー雑炊となった。
当然、スルスルと完食である。

この店、正直言って完全にノーマークだった。
だから余計にその旨さに驚いた。
今度はレギュラーメニューも食べてみたくなった。
再訪は確実!!
参りました…。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2009/01/07(水) 10:10:07|
  2. ラーメン(東京都)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

イタリアンだよ!!

全員ッ 集合ォ~~~ッ!!

…と、思わず叫びたくなる店に行ってきた。
あるマイミクさんに教えてもらった店で、愛知県海部郡蟹江町にある。
とにかく、その店名が琴線触れまくり。
で、その店名は…






























いたりあ長介20090105-01

いたりあ長介!!(爆)

こういうセンス、大好き!!
いたりあ長介20090105-02
白を基調とした清潔感のある店構え。
間違っても書き割りなんかじゃない。

ドアを開け店内に入ると、明るく開放的なスペース。
いたりあ長介20090105-03
フリースポットを導入しているので、無線LAN内臓ノートを持ち込んでインターネットが楽しめる。
間違っても金だらいが頭上から落ちて来るようなことは無い。

「いらっしゃいませ~!!」
という明るく元気な挨拶。
間違っても
「オィ~~~ッスゥ~~~!!」
なんて挨拶は誰もしない。

スタッフは男女ともみんな若くて動きが良い。
間違っても女装した高木ブーや仲本工事みたいなオッサンは居ない。

いい加減、しつこいね(笑)

そろそろ本題に行きましょう。
ハイ、次行ってみよう~ッ!!

この店の特徴は、コース料理の形態を取っていること。
単品注文も出来るけど、コースにしたほうがお得だと言う。
いたりあ長介20090105-04
ちなみに一人前1950円(ディナー)で、単品だとパスタ、ピザ共に1000円。
内容は、お好みのサラダ一品、お好みのピザ又はパスタ一品、ドリンクバー、焼き立てパン食べ放題、お好みのデザート一品。

パスタメニューの一部。
いたりあ長介20090105-05
いたりあ長介20090105-06
博多とんこつパスタなんてのもあるんだ…(笑)
今回はシーザーサラダ、ツナの激辛トマトパスタをチョイスした。

サラダが来るまでの間、ドリンクとパンを取りに行く。
ドリンクは普通のドリンクバー。
焼き立てパンは…
いたりあ長介20090105-07
これって本当に焼き立て?
どう見ても焼き立てには見えないけど…と思いながら横を見たら
いたりあ長介20090105-08
ああ、なるほどね。
トースター使ってセルフで焼き立てってことなんだね(笑)
パンを2個トースターに入れて焼く。
いたりあ長介20090105-09
結構強力なトースターで、すぐに焼けた。

席に戻ったら、シーザーサラダが来ていた。
いたりあ長介20090105-10
ごく普通のシーザーサラダ。
カリカリベーコンは入ってないけどね(笑)

しばらくしてパスタも登場。
いたりあ長介20090105-11
いたりあ長介20090105-12
唐辛子が結構入っていて、そこそこ辛い。
簡単に作ったアラビアータといったところか。
思ったよりもサラッとしたソースで、個人的にはもう少しとろみがあった方が好み。
味的にはごく普通のレベルで、ファミレスっぽい感じ。
だから誰が食べても特に不満は出ないと思うし、普通に旨い。

デザートは小悪魔風ティラミスをチョイス。
いたりあ長介20090105-13
いたりあ長介20090105-14
いたりあ長介20090105-15
コーヒー味の甘さ控え目で、これは私の好み。
口当たりも良かった。

以上でコース終了。
イタリアンのコースとしては安いけど、その内容から見たら1950円は決して安いとは言えないかな。
ランチタイムの1650円だったら悪くないけどね。
少なくとも
「ダメだこりゃ…」
ということは無いけど、もう少し内容が濃いほうがいいかも。
次に行く時はランチタイムだね。

  1. 2009/01/06(火) 01:05:20|
  2. 食べ歩き(その他正常系)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

一体誰に似たのやら…

マタタビの枝を独占、酔っ払うより子。
より子20090103
まったく…一体誰に似たのやら…(笑)
ちなみに飼い主は昨日の新年会で飲み過ぎて二日酔い、昼過ぎまでくたばってました(爆)

テーマ: - ジャンル:ペット

  1. 2009/01/03(土) 23:44:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

今年初のラーメンは…

六角家カップ20090101-01
カップ麺(笑)
『六角家』の冷凍まぜめん。
ふたを外してレンジでチンするだけ。
六角家カップ20090101-02
六角家カップ20090101-03
これ、意外と悪くないね。
ちゃんと家系っぽい味がするし、かと言ってそれほどしょっぱくもないし、結構好みの味。

このシリーズにはもうひとつ『井出商店』もある。
昨年渋谷で『井出商店』のまぜ麺食べたけど、おもいっきり糖分多目だった。
カップも同じような味なのかなぁ…。

ああ、早く店でラーメン食いてぇ…。

テーマ:カップめん - ジャンル:グルメ

  1. 2009/01/02(金) 12:37:59|
  2. 食べ物(インスタント&コンビニ系)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
旧年中は皆様には大変お世話になりました。
本年も宜しくお願い申し上げます。

本栖湖冨士山20081228-03
(画像をクリックすると拡大します)

PS:今年からちょっとだけHN替えました(笑)

テーマ:新年のご挨拶 - ジャンル:日記

  1. 2009/01/01(木) 10:13:32|
  2. その他いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

3周年企画 (6)
Kトラ道中記 (45)
ハンドキャリー道中記 (15)
旅日記 (5)
食べ歩き(ラーメン) (174)
ラーメン(伊駄天・権坐) (29)
ラーメン(静岡県) (24)
ラーメン(青森県) (4)
ラーメン(山形県) (3)
ラーメン(福島県) (2)
ラーメン(東京都) (42)
ラーメン(神奈川県) (5)
ラーメン(千葉県) (3)
ラーメン(埼玉県) (6)
ラーメン(茨城県) (9)
ラーメン(栃木県) (1)
ラーメン(群馬県) (1)
ラーメン(長野県) (5)
ラーメン(新潟県) (1)
ラーメン(愛知県) (9)
ラーメン(岐阜県) (2)
ラーメン(三重県) (1)
ラーメン(兵庫県) (2)
ラーメン(京都府) (2)
ラーメン(奈良県) (8)
ラーメン(和歌山県) (1)
ラーメン(広島県) (3)
ラーメン(山口県) (1)
ラーメン(徳島県) (1)
ラーメン(高知県) (1)
ラーメン(福岡県) (8)
食べ歩き(蕎麦) (6)
食べ歩き(その他正常系) (67)
食べ歩き(その他アブノーマル系) (7)
食べ物(正常系) (21)
食べ物(インスタント&コンビニ系) (31)
食べ物(その他アブノーマル系) (6)
駅弁・空弁・その他弁当 (16)
GRANSTA (15)
ネオ屋台 (7)
蕎麦打ち関連 (23)
手打ちパスタ (1)
クッキング (57)
酒・肴 (76)
猫 (11)
車(仕事用) (5)
車(プライベート用) (4)
ボウリング (7)
親不知 (8)
その他いろいろ (67)
未分類 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

必殺仕食人

Author:必殺仕食人
FC2ブログへようこそ!

食べログ

口コミグルメサイト[食べログ]

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

FC2 アクセスカウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。