必殺仕食人

それで今日は…一体何処の何を食べろと仰るんで…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『博多新風』@大つけ麺博2010

コラボナーラを完食、もう一食ぐらいいけそうだったので、食券を持ってウロチョロ。
で、結局こちらの店へ…。
つけ麺博20100924-18
『博多新風』…先月の鹿児島ハンドの帰り、博多駅ビルにあった支店に行ったのは記憶に新しい。
濃厚な豚骨ながら、豚骨臭を消し去った万人向けのイメージだった。

私が行った時には先客は無く、すぐにゲット。(以下、画像クリックで拡大します)
つけ麺博20100924-13
オプションは味玉と、いかにも博多らしいねぎだく。つけ麺博20100924-15
ネギ大好きオヤジにはたまらない。

つけ汁は超濃厚豚骨。
つけ麺博20100924-14
さすがに『無心』ほど過激ではないけど、なかなかの濃度。
しかも博多駅ビルで食べたものと違い、豚骨臭が強い。
正直、この臭いに釣られて足が勝手にこの店に向かっていた(笑)

麺にねぎを絡めてひと口…
つけ麺博20100924-16
おお~っ…こりゃたばらんばい!!
超濃厚で骨粉のザラザラ感のあるつけ汁は、豚の旨味がストレートに味わえる。
腰のある麺は博多としては加水率高めで、モッチリした食感。
さらに大量のネギの辛味。
この3つが絡み合って、実にイイ感じ。
九州ハーフの琴線触れまくりで、ある意味コラボナーラよりも気に入った。
その高濃度ゆえに、つけ汁の減り方が早かったのはご愛嬌。

スタッフの兄ちゃんによれば、本店は駅ビルの支店よりも高濃度で豚骨臭全開とのこと。
今回のつけ汁も本店チューンだと言う。
それを聞いて、本店にも行きたくなった。
でも…いつ行けるかなぁ~…。

スポンサーサイト

テーマ:つけ麺 - ジャンル:グルメ

  1. 2010/09/28(火) 22:52:30|
  2. ラーメン(東京都)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『川越達也×頑者』@大つけ麺博2010

最初に並んだのは、やっぱりこの店。
つけ麺博20100924-17
イタリアンの人気シェフと川越の人気店のコラボ。
W川越である。

第2陣の一番の目玉であり、予想通り行列が出来ている。
しかしながら意外と回転が早く、約20分でつけ麺をゲット出来た。

今回はオプションのコラボナーラトッピング追加。(以下、画像クリックで拡大します)
つけ麺博20100924-08
つけ麺博20100924-09
つけ麺博20100924-10
ベーコン、パルメザンチーズ、卵黄のトッピング…デフォルトよりもこの方が「らしく」見える。
これを一気にかき混ぜると…
つけ麺博20100924-11
チーズの溶け方がイマイチだけど、まさにカルボナーラ。
つけ麺博20100924-12
麺もどことなくフェットチーネっぽいし…。

まずはまぜそばの要領で麺だけ食べてみると…まさにカルボナーラ。
卵黄、生クリーム、チーズのコクがイイ感じで、あらびきの黒胡椒がピリッとアクセントになっている。
このままでも十分旨い。

次につけ汁に浸してひと口…今までのイタリアンテイストに濃厚和風出汁の旨味がクロスオーバーする。
口の中でイタリアンと和が入り混じり、今までに経験したことの無い旨さが広がる。
釜玉つけ麺に生クリームを追加したような感じ…とでも言うのかな?
なかなか面白い味。

麺は平打ちで、先にも書いたようにフェットチーネのような感じ。
こういう麺にカルボナーラソースが合わないわけが無い。
シコシコ、モッチリした食感も心地良い。

かなりイタリアンテイストに振られているので賛否両論ありそうなメニューだけど、私は気に入った。
食べて旨けりゃ何でもありだと思う。
ただ、この日は結構冷え込んだので、麺もつけ汁もすぐに冷めてしまった。
屋外イベントなのでなおさらである。
出来れば、同じメニューをインドアで食べてみたいね。

テーマ:つけ麺 - ジャンル:グルメ

  1. 2010/09/27(月) 23:53:30|
  2. ラーメン(東京都)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大つけ麺博2010@浜松町 第2陣

幸運にも…
つけ麺博20100924-01
また来てしまった(笑)

第2陣の顔ぶれは、こちら。
つけ麺博20100924-02
つけ麺博20100924-03
つけ麺博20100924-04
つけ麺博20100924-05
つけ麺博20100924-06
平日の夕方ということで、それほどの混雑は無かったけど…
つけ麺博20100924-07
予想通り、この店だけは結構長い行列だった。

さて…今回はどの店にしようかな。
(続く)

テーマ:屋外イベント - ジャンル:グルメ

  1. 2010/09/27(月) 23:18:07|
  2. ラーメン(東京都)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バーニャカウダソースを使ってパスタ!!

三連休中日の昼食は、久々に自宅でパスタ。
鶏肉と野菜のぺペロンチーノ20100919-01
鶏肉と野菜のぺペロンチーノ20100919-02
鶏もも肉、キャベツ、グリーンアスパラを使ったぺペロンチーノ。



作り方
1:鍋でパスタを茹でる。塩分濃度は1%。
2:パスタ茹で上がり5分前にグリーンアスパラを投入、パスタと一緒に茹でる。
3:フライパンにEVオイルを敷き、みじん切りの唐辛子を熱して香りを移す。
4:フライパンに2cmぐらいに切った鶏もも肉を投入、7割方火が通る程度に炒める。
5:フライパンにバーニャカウダソース小さじ2杯と砕いたくるみを投入、よく混ぜ合わせる。
6:パスタ茹で上がり1分前にキャベツを投入、パスタと一緒に茹でる。
7:フライパンにパスタの茹で汁をお玉半分ほど投入、しっかりと混ぜ合わせて乳化させる。
8:茹で上がったパスタと野菜をざるに空け、湯切りしてから再度鍋に戻す。
9:フライパンの鶏肉とソースを鍋に移し、しっかりと混ぜ合わせ、皿に盛って完成。




通常のぺペロンチーノにアンチョビの濃厚な旨味が加わり、実にイイ感じに仕上がった。
アンチョビとの相性が抜群のくるみもちょっとしたアクセントになっている。
バーニャカウダソースに大量のにんにくが入っているので、手順3でにんにくを入れなくても大丈夫。
(にんにくが好きな人は入れても可)
牛乳と白ワインでじっくり煮込んだにんにくを使用しているので、臭いが軽いのも良い。

バーニャカウダソース、応用が利いてなかなか便利。
残り少なくなってきたし、またそろそろ仕込まなきゃ!!

テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

  1. 2010/09/20(月) 13:48:30|
  2. クッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青ヱビス

仕事を終え、帰宅したのは午前様。
だから『遊喜智』も『えふ』も閉まってる。
仕方が無いので家飲み。
近所のセブンイレブンへ…。

今回買ったのは、こちら。
バーニャカウダ20100918-04
期間限定、青ヱビス。
日本が誇る豪華客船『飛鳥Ⅱ』の船内でしか飲めないビール。
酒豪の友人がブログで絶賛していて、どうしても飲みたくなってしまった。
あと、おつまみとして野菜スティックも購入。
バーニャカウダ20100918-01
バーニャカウダ20100918-02
そのまま食べるのも味気無いので、ちょっと皿に盛ってみた。
そして、付属のソースは使わずに…
バーニャカウダ20100918-03
この前仕込んだバーニャカウダソース。
最近野菜スティックをこのソースで食べるのにハマっている。
バーニャカウダ20100918-05
こうするだけで、かなり気分が違うね(笑)

通常のヱビスよりも味も香りも濃厚なのに、まろやかで滑らか。
こりゃ旨いや!!
酒豪の友人が絶賛するだけのことはある。
敢えて欲を言えば…350mlしかないんだよね。
出来れば…ロング缶も出して欲しかった(爆)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

  1. 2010/09/19(日) 20:44:58|
  2. 酒・肴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

『くじら軒』@大つけ麺博

『陳建一×六厘舎』のつけ麺を食べ終え、もう一食ぐらい入りそうな腹具合。
再び食券を購入、何を食べようかと会場内をウロチョロしていたら、旨そうな写真が…。
辛そうなルックスがそそる(笑)
迷わず『くじら軒』のブースに向かう。
大つけ麺博20100917-10
幸い行列も長くなかったし…。

こちらの店は大つけ麺博初参加で、今回のメニューは肉味噌つけ麺。
大つけ麺博20100917-11
ゆでぶたトッピングを追加した。(ここから下の画像はすべてクリックで拡大します)
大つけ麺博20100917-15
う~ん…さっき見た写真と随分違うな~。
写真だとこんな感じなんだけど…
大つけ麺博20100917-16
何か、肉が少ない…。
ま、こんなことはよくある事なので気にしないけどね。
そのかわり…
大つけ麺博20100917-17
トッピングのゆでぶたはかなりイイ感じ。

まずはつけ汁を少々…最初に少し甘味を感じ、次第に辛味が立って来る。
でも、激辛レベルではなくチョイ辛レベルなので、辛いモノが苦手な人でも大丈夫かな。
鶏白湯ベースの味噌味で、ガツン系ではなくじんわりと旨味が広がるタイプ。

次は麺を浸してひと口…
大つけ麺博20100917-18
細目の平打ち麺で、スルスルと啜れる滑らかさの中にも平打ち独特の抵抗感があって、なかなか面白い食感。
腰の強さは過度ではなく、つけ汁とのバランスが良い。
これ以上強い麺だと、麺が勝ち過ぎちゃうかも。
ミンチ肉やゆでぶたを絡めて食べると、これがまたイイ感じ。

最近流行のつけ麺のようなパワフルさは無いけど、甘酸辛苦のバランスが取れていて優しい味わい。
いかにも『くじら軒』らしいつけ麺だった。
強いばかりがつけ麺じゃないね。

テーマ:つけ麺 - ジャンル:グルメ

  1. 2010/09/19(日) 11:13:12|
  2. ラーメン(東京都)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『陳建一×六厘舎』@大つけ麺博2010

最初に向かったのは、やっぱりこの店。
大つけ麺博20100917-08
中華の鉄人と、つけ麺の革命児のコラボ…ファンとしては気にならないわけがない。
第一陣の一番の目玉店舗である。
だから行列も一番長い。
大つけ麺博20100917-09
別トッピングも既に売り切れていた。
行列に並んで30分、やっとつけ麺ゲット。
平日の夕方5時過ぎでこの状況なので、連休中は凄いことになりそうな予感。

今回のつけ麺は、「タンつけ ~陳SP~」(ここから下の画像はすべてクリックで拡大します)
大つけ麺博20100917-12
当然ながら、『六厘舎』の通常メニューとは趣が違う。

つけ汁のアップ。
大つけ麺博20100917-13
炒めた野菜がたっぷり入った、タンメン風のつけ汁。
さらに陳さん特製のべジラー油が入っている。

麺のアップ。
大つけ麺博20100917-14
通常の麺よりもちょっと細目のストレート麺。

まずはつけ汁をひと口…とろみはあるけど、通常メニューほどではない。
動物系や節系の旨味は軽い。
でも、野菜や海鮮系(イカゲソ)の旨味が絡み合った複合的な旨さがある。
タンメンのスープの旨味をギュッと凝縮させた感じ。
さらに、陳さんのべジラー油がさらに旨味を増している。
辛さは最近流行の食べるラー油同様に控え目だけど、根菜系の野菜の旨味と歯触りがイイ感じ。

次は麺を浸して…見た目の通り、通常メニューの麺のような過激さは無い。
でも腰はしっかりしているし、モチッとした食感も良い。
さらに通常の麺では味わえないしなやかさと滑らかさがある。
小麦の味もしっかりしている。
具の炒め野菜と絡めて食べると、さらに旨さ倍増。
つけ汁との相性も良く、スルスルと完食してしまった。

残ったつけ汁はスープ割り…といきたいところだが、こういうイベントだから当然割りスープは無い。
だからそのまま飲んでみる。
やっぱりちょっと濃いけど、飲めないことはない。
で、つけ汁も完飲。
でも、やっぱり割りスープは欲しいかな。
昨年はペットボトルのお茶で割っていた人も居たみたいだし…。

通常のメニューが直球勝負の剛球派だとすれば、このタンつけは緩急自在の技巧派といったところ。
中華の鉄人の力で、『六厘舎』の味がここまで変貌を遂げたのが面白い。
他に有りそうで無い、唯一無二の味わいだった。

テーマ:つけ麺 - ジャンル:グルメ

  1. 2010/09/18(土) 20:19:03|
  2. ラーメン(東京都)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大つけ麺博2010@浜松町

昨年初めて開催されたつけ麺のイベント、大つけ麺博。
その第二回がいよいよ木曜日から開幕した。
大つけ麺博20100917-01
大つけ麺博20100917-02
昨日の羽田行きの帰り、逆方向ながらもKトラを走らせた。

今年の会場は浜松町。
国際貿易センタービル裏の有料駐車場に会場を特設し、三週間開催される。
参加するのは24店舗で、一週間で入れ替えになる。

第一陣の店舗は…
大つけ麺博20100917-03
『陳建一×六厘舎』…中華の鉄人とつけ麺界の雄のコラボ。
『宮田麺児』…吉本芸人コンビ「シャンプーハット」のてつじがプロデュースした大阪の新店。
大つけ麺博20100917-04
『くじら軒』…横浜から参加の神奈川淡麗系の雄。
『小麦と肉 桃の木』…名店『せたが屋』が手がける、女性スタッフのみで切り盛りするつけ麺専門店。
大つけ麺博20100917-05
『つけ麺 道』…23歳の若き店主は『麺処 ほん田』出身。
『花の季』…宇都宮から参加の美人女将の店。
大つけ麺博20100917-06
『らあめん元』…淡麗系人気ナンバーワンの店が大つけ麺博に初見参。
『麺処 くるり』…濃厚味噌味が人気の市ヶ谷の行列店。

いずれも錚々たる顔ぶれ。
まずは券売機で食券を購入。
大つけ麺博20100917-07
さて、どこの店のつけ麺を食べようか…。
(続く)

テーマ:屋外イベント - ジャンル:グルメ

  1. 2010/09/18(土) 17:37:29|
  2. ラーメン(東京都)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

挑戦!! バーニャカウダソース

最近『遊喜智』でハマっているバーニャカウダ。
遊喜智20100723-01
シンプルな料理だけど、これがメチャクチャ旨い。
特に、このソースが絶品。
遊喜智20100723-04
野菜を完食するとソースが余るのだが、それを指ですくってなめ尽くしちゃうぐらいに旨い。
これ、自分で作れないかなぁ~…と思っていたら、“dancyu”にレシピが載ってるじゃん!!
こりゃやるしかない!!

まずはニンニク2玉の皮を剥き、半割りにして芽を取り除いてから粗く切る。
粒の大きさにもよるけど、半割りを3~4等分ぐらい。
切ったニンニクを小鍋に入れ、牛乳と白ワイン(1:1の割合)をひたひたに注ぎ、火にかける。
バーニャカウダソース20100908-01

沸騰したら弱火にして、そのまま1時間ぐらい煮込む。
水分が減って来たら、白ワインを注ぐ。

1時間経過したら、ニンニクに串を刺して火が通ったか確認。
串が抵抗なくスッと入ればOK。
煮込んだニンニクをざるに取り、水分を切る。
その間にニンニクを煮込んだ小鍋をきれいに洗い、水気を切っておく。

鍋に煮込んだニンニクとアンチョビを入れる。
バーニャカウダソース20100908-02
ニンニクとアンチョビの割合は2:1ぐらい。
ここにひたひたよりもやや少ない量のEVオイルを注ぎ、火にかける。
バーニャカウダソース20100908-04
沸騰して来たら弱火にして、アンチョビを崩しながら10分ほどコンフィする。
その間にアンチョビは溶けてくる。

10分経過したら粗熱を取り、冷めたところをフードプロセッサーにかける。
バーニャカウダソース20100908-05
気分はミキシング博士(笑)
バーニャカウダソース20100908-06
この状態になったら完成。
バーニャカウダソース20100908-07
広口のビンに移しておく。

丁寧に裏漉しした『遊喜智』のソースほど滑らかではないが、味はなかなかイイ感じ。
生野菜がどんどん進むし、パスタの隠し味としても使える。
時間はかかるけど作り方は簡単だし、いろいろと応用も効くし…。
ゴリラー油に続いて、我が家の常備ソースに仲間入りした。

テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

  1. 2010/09/15(水) 08:09:52|
  2. クッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

『喜多屋』@赤羽

飲んだくれツアーのラストを飾るのは、『喜多屋』
喜多屋20100905-01
こちらの店も朝早くからやっている。
喜多屋20100905-02
朝7時からの営業!!
しかも酒も肴も安い!!
小原庄助も泣いて喜びそうな店である。

こちらでもチューハイ。
喜多屋20100905-03
これが180円という安さ!!

肴は何を食べようかとメニューとにらめっこしていたら
「さあ今からジャンボコロッケ揚げますよ~!! 食べたい人はいませんか~?」
という店のおじさんの声。
それ、乗った!!

待つことしばし、ジャンボコロッケ登場。
喜多屋20100905-04
デ…デカい…。
どれぐらいデカいかというと…
喜多屋20100905-05
こんなにデカいのである。
揚げたてだから熱々のウマウマ。
喜多屋20100905-06
ポテトではなく、カボチャを使っているところが面白い。
これで110円という値段にビックリ!!

オヤジ5人で飲んで食って会計。
伝票を見て、目が点になった。
5人で2500円程度…1人あたり500円!!
この安さに再度ビックリ!!
さすがはセンベロの街である。

いや~、いいなぁ~、赤羽。
マジでここに引っ越したくなっちまったよ(笑)

テーマ:酒の肴 - ジャンル:グルメ

  1. 2010/09/14(火) 09:58:58|
  2. 酒・肴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

『丸健水産』@赤羽

『まるます家』を出て、今度はアーケード街の方に向かうオヤジ5人。
アーケード街でのお目当ては、『丸健水産』という店。
元々はおでん種などの水産加工物を販売している店なのだが…
丸健水産20100905-01
おでんを肴に立ち飲みも出来て、しかも朝の9時から営業しているという素晴らしい店なのである。
丸健水産20100905-02
チューハイを飲みながら…
丸健水産20100905-03
大根、ごぼう天、じゃがいも。
出汁はあっさり系ながら旨味がしっかりしていて、その旨味がしっかりと滲みこんでいて、最高!!
さらに時間差で…
丸健水産20100905-04
大好物の牛すじ。
これも柔らかく煮込まれている。
これで1000円しない。
俗に言う「センベロ」…1000円でベロベロに酔えるのである。
赤羽界隈にはこういう店がたくさんあるという。
まさに酒好きオヤジの聖地だね!!

テーマ:酒の肴 - ジャンル:グルメ

  1. 2010/09/14(火) 09:13:03|
  2. 酒・肴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『まるます家』@赤羽

江古田から池袋に戻り、いよいよ飲んだくれツアーのスタート。
まずは池袋にある『ふくろ』に向かう。
ふくろ20100905
しかし、満席で入れず。
日曜日とはいえ、まだ昼をちょっと回ったぐらいである。
それにしても朝7時からやってるとは…素晴らしい!!

予定を変更して今度は赤羽へ。
最後に行く予定だった、この店に向かう。
まるます家20100905-01
『まるます家』…鯉やうなぎ、すっぽんが有名な店。
まるます家20100905-02
いや~いい雰囲気だね~。
まるます家20100905-03
特に琴線触れまくりだったのが、この一角。
まるます家20100905-04
この手書きのガラス看板!!
年期の入り具合が半端じゃないよ。
半世紀以上続くこの店の伝統の重みを感じる。

今回は5人だったので、2階の座敷へ。
ここがまた雰囲気が抜群。
大広間にたくさんの座敷テーブルが並ぶ。
オヤジそ聖地だけあって、満員の座敷はオヤジ率が高い。
そういう俺達5人も立派にオヤジだけどね(笑)

大広間の一角に陣取り、まずは生ビールで乾杯!!
まるます家20100905-06
この店の生ビール、中ジョッキが無い。
小、大、特大の3種類。
小じゃ心もとないので大を注文したら、一般的な大ジョッキ。
ちなみに小は一般的な中ジョッキぐらいのサイズ。
それでいて小が350円、大が650円(だったかな?…ハッキリ覚えてない)という安さ。
各々が適当に肴をオーダー。
まるます家20100905-07
鯉のあらい。
まるます家20100905-08
鯨ベーコン。
まるます家20100905-09
まるます家20100905-10
野菜サラダにアスパラ。
まるます家20100905-11
牛すじ煮込み。
まるます家20100905-14
鰻の骨せんべい。
これらを肴にジョッキを傾ける。
大ジョッキを2杯やっつけてから、今度はジャンボチューハイ。
市販の1リットルのチューハイが出て来て、これを5人で飲む。

みんな適度にほろ酔い状態となり、いよいよメインのすっぽん鍋が登場。

おお…たまらんわい。
まるます家20100905-13
コラーゲンたっぷりのプルプルの肉、あっさりと上品な味わいの出汁…こんなに旨いとは思わなかった。
特に出汁の旨さは半端じゃなかった。
速攻で完食後、お約束の…

雑炊で〆。
ラーメン好きばかり5人も集まったので出汁の減り方が普通じゃなかったが、店のおねえさんが出汁を追加してくれたので無事作ることが出来た。
最上の出汁を吸った御飯の、何とも旨いこと!!
飯粒が一粒も残らない状態まで完食してしまった。

店の雰囲気、値段の安さ、味の良さ…この店、おもいっきり気に入ってしまった。
ハンドキャリーの帰りに寄り道したくなっちゃうね。
今度行った時には鰻かな。

テーマ:酒の肴 - ジャンル:グルメ

  1. 2010/09/10(金) 12:29:46|
  2. 酒・肴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

『ラハメン ヤマン』@江古田

日曜日、マイミクさん達と青春18きっぷを使って東京飲んだくれツアーに。
8:07に静岡駅を出発、東京から山手線で池袋に向かう。
池袋からは西武線で江古田まで。
ここから歩いて向かったのは、こちら。
ラハメン ヤマン_20100905-01
『ラハメン ヤマン』…ラーメン屋に見えないラーメン屋である。

店内に入ると、おもいっきりインドネシア風。
BGMはレゲエが流れ、店主の出で立ちもレゲエ風。
それでもラーメン屋なのである。

メニューはこちら。
ラハメン ヤマン_20100905-02
「ラーメン」ではなく「らはめん」の表示。
さて、何を食べようか…と思いながらメニューを見ていると、カウンターに気になる貼り紙。
ラハメン ヤマン_20100905-03
あぶらは?
何じゃこりゃ?
よく見たら「汁なし」らはめん。
店の作りや雰囲気からして、こういう系統は得意分野だろうと思い、こちらの温玉トッピングを注文。
ラハメン ヤマン_20100905-04
想像したよりもオーソドックスだったけど、なかなかのルックス。
ラハメン ヤマン_20100905-07
このチャーシュー、なかなかいい仕事をしている。
ラハメン ヤマン_20100905-11
メンマは最近珍しい、色の濃いもの。
ラハメン ヤマン_20100905-08
『中村屋』以降、よく見られるようになった小松菜のトッピング。
そして…
ラハメン ヤマン_20100905-09
ラハメン ヤマン_20100905-10
味付けミンチ肉と温玉。
この2つは油そばには欠かせない。

油そばの流儀に従い、これをしっかりと混ぜ合わせてひと口…それほどジャンク度は高くない。
味は濃い目ではあるけど、動物系油脂や醤油ダレの旨味がしっかりしていて、いやらしさが無い。
ラハメン ヤマン_20100905-05
麺は中細ストレートで、腰がありながらもしなやかな食感。
こういう麺は油そばにすると味が絡みにくい場合が多いけど、意外と味が乗って来てイイ感じだった。

店の作りや店主の風貌からして、もっとジャンキーな一杯が出てくるかと思いきや、意外とオーソドックスな一杯だった。
しかしながら、麺やタレ、トッピングのそれぞれがしっかりと作り込まれていて、オーソドックスながらも完成度が高い一杯でもあった。
同行者が食べたらはめん(醤油味)のスープを少しいただいたが、非常にバランスの良いスープだった。

でも、もうちょっとジャンキーなほうが油そばには合っているかな…と思ったのも事実。
そこで、半分ほど食べ終えたところで…
ラハメン ヤマン_20100905-06
カウンターに置いてあったコイツを少々入れてみると…


ファイヤ~~~~~~!!

いきなり過激な味に大変身!!
私好みの激辛になって、大満足!!
但し、入れ過ぎには御注意を…。
生命にかかわります(嘘)



ラハメン ヤマン




関連ランキング:ラーメン | 新桜台駅江古田駅桜台駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2010/09/08(水) 22:02:49|
  2. ラーメン(東京都)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

UQ WiMAXのCMを…


我が家の次郎に真似させてみたら…
ヱビス次郎20100904-01

ヱビス次郎になっちまった(爆)

ロング缶のパッケージなのにもかかわらず…

ヱビス次郎20100904-02

巨体だからピッタリ(核爆)

気持ち悪いから脱ごうとするけど…
ヱビス次郎20100904-03
なかなか脱げず…
ヱビス次郎20100904-04
諦めてしばらくこの格好でいた。

最終的には脱がせたけどね。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2010/09/04(土) 17:41:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

“zen eashion”@GRANSTA

東京ハンドキャリーの帰り、遅い昼食を仕入れるために“GRANSTA”へ。
すると、新しい店がオープンしていた。
“zen eashion”…店名からわかるように、“eashion”の姉妹店。
昨日オープンしたばかりだという。
エキチカ探検隊(何だそりゃ?)としては、大いに気になるところ。

“eashion”が洋食系の弁当やデリカを扱っているのに対し、こちらは創作系寿司がメイン。
かなり「洋」の要素が入っていて面白そうだったので、2種類ほど買って新幹線の中で食べることに…。

まずはこちら。
zen eashion_20100902-01
カリフォルニアROLL…アメリカのスシバーの定番メニューらしい。
zen eashion_20100902-02
カニカマにアボカドにクリームチーズにいくら、周りには飛子がまぶしてある。
このルックス…なかなか惹かれるものがある。
缶ビール片手に…といきたいところだが、今日は帰ってから車の運転をしなければならない。
だから…
zen eashion_20100902-03
こういうことになる(笑)

付いていた醤油をかけてひと口…これ、なかなか面白い味だね。
シャリは普通の寿司飯で、最初は和のテイストだけど、次第にアボカドやクリームチーズが主張して来て洋の色が濃くなっていく。
和洋折衷とはまさにこのことか。
伝統的な日本の寿司もいいけど、こういう変わり寿司もなかなか面白い。

もう一品、こちらも購入。
zen eashion_20100902-04
サーモントラウト・アボカドROLL。
zen eashion_20100902-05
カリフォルニアROLLのカニカマがレタスで巻かれたサーモントラウトに代わり、いくらが無くなっただけなのだが、醤油ではなく柚子胡椒で食べさせるのが面白そうで購入。
柚子胡椒大好きだし…(笑)
サーモントラウトのとろけるような旨さが、柚子胡椒のピリッとした辛味で引き締まる。
さらにアボカドやクリームチーズのコクも加わり、口の中はお祭り状態。
さらには柚子の爽やかな後味が余韻として残る。
おもいっきりツボの味…こりゃあ~いいや!!
680円という値段もリーズナブル。

この店、最初からなかなかの好印象だった。
しばらく利用することになりそう…。
他にも手毬寿司風の握りもあり、こちらもなかなかそそられるルックスだった。
今回は買わなかったけど、次回のお楽しみということで…。



zen eashion




関連ランキング:弁当 | 東京駅大手町駅日本橋駅



テーマ:エキチカの旨いモノ - ジャンル:グルメ

  1. 2010/09/02(木) 22:20:02|
  2. GRANSTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

3周年企画 (6)
Kトラ道中記 (45)
ハンドキャリー道中記 (15)
旅日記 (5)
食べ歩き(ラーメン) (174)
ラーメン(伊駄天・権坐) (29)
ラーメン(静岡県) (24)
ラーメン(青森県) (4)
ラーメン(山形県) (3)
ラーメン(福島県) (2)
ラーメン(東京都) (42)
ラーメン(神奈川県) (5)
ラーメン(千葉県) (3)
ラーメン(埼玉県) (6)
ラーメン(茨城県) (9)
ラーメン(栃木県) (1)
ラーメン(群馬県) (1)
ラーメン(長野県) (5)
ラーメン(新潟県) (1)
ラーメン(愛知県) (9)
ラーメン(岐阜県) (2)
ラーメン(三重県) (1)
ラーメン(兵庫県) (2)
ラーメン(京都府) (2)
ラーメン(奈良県) (8)
ラーメン(和歌山県) (1)
ラーメン(広島県) (3)
ラーメン(山口県) (1)
ラーメン(徳島県) (1)
ラーメン(高知県) (1)
ラーメン(福岡県) (8)
食べ歩き(蕎麦) (6)
食べ歩き(その他正常系) (67)
食べ歩き(その他アブノーマル系) (7)
食べ物(正常系) (21)
食べ物(インスタント&コンビニ系) (31)
食べ物(その他アブノーマル系) (6)
駅弁・空弁・その他弁当 (16)
GRANSTA (15)
ネオ屋台 (7)
蕎麦打ち関連 (23)
手打ちパスタ (1)
クッキング (57)
酒・肴 (76)
猫 (11)
車(仕事用) (5)
車(プライベート用) (4)
ボウリング (7)
親不知 (8)
その他いろいろ (67)
未分類 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

必殺仕食人

Author:必殺仕食人
FC2ブログへようこそ!

食べログ

口コミグルメサイト[食べログ]

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

FC2 アクセスカウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。