必殺仕食人

それで今日は…一体何処の何を食べろと仰るんで…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

胡麻汁蕎麦 リベンジ!!

先週、折角胡麻汁を仕込んでおきながら、蕎麦粉切れという失態を演じてしまった。
早速蕎麦粉をネットで注文。
蕎麦粉が届いたので、今日のランチはリベンジマッチ。

ちょっと加水が多かったせいか、延しの段階で延びる延びる(笑)
かなり薄くなったので、必然的に細切りにせざるを得ない。
とにかく細く切ることを心がけた。
蕎麦打ち20110529-01
茹で上がりは、こんな感じ。
蕎麦打ち20110529-02
蕎麦打ち20110529-03
久し振りに打った割にはイイ感じだった。
これを、今回は…
蕎麦打ち20110529-04
ノーマルの辛汁と胡麻汁で食べた。

まずはノーマルの辛汁から。
蕎麦打ち20110529-05
返しを仕込んだ段階でザラメの量を減らしたので、ドライな辛汁になった。
私が大好きな並木藪とまでは行かないが、ちょっとだけ近付いた感じ。
蕎麦の先端を少し浸すだけで丁度良い塩梅。
これからはこの辛汁の味を我が家の標準にしよう。

続いて、胡麻汁。
蕎麦打ち20110529-06
おお~っ…やっぱり乾蕎麦で食べるよりも旨い!!
乾蕎麦だと蕎麦の香りが胡麻の風味に負けていたけど、打ちたての蕎麦だと負けていない。
蕎麦の香りと胡麻の風味がイイ感じに主張し合っている。
今回は細切りの二八だったけど、田舎風の太打ち十割で食べたらもっと旨いかも。
次回は田舎風の蕎麦を打って試してみよう。

スポンサーサイト

テーマ:蕎麦打ち日記 - ジャンル:グルメ

  1. 2011/05/29(日) 19:10:09|
  2. 蕎麦打ち関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

胡麻汁に挑戦!!

先日『手打そば はやし』で食べて、おもいっきりストライクだった胡麻汁。
手打そばはやし20110518-06
旨かったと思うと同時に、自分でも作ってみたくなってしまった。
で、昨日の朝から仕込み開始。
思い立ったら吉日である。

まずは厚削りの本枯節で出汁取り。
胡麻汁20110522-01
灰汁を取りながら、じっくりと1時間煮る。
1時間経過、出汁を濾し、返しを合わせる。
今回の返しはイゲタ醤油の濃口で仕込んだものを約4ヶ月寝かせたもの。
返しと合わせてから耐熱容器に入れ、湯煎にかける。
胡麻汁20110522-02
82℃で10分湯煎にかけ、粗熱が取れたらペットボトルに移して、辛汁は完成。

今回は初めて作るので、味を確認しながら少しずつ作ってみた。
すりばちで煎り胡麻を擂り、そこに練り胡麻を投入。
胡麻汁20110522-03
辛汁を少しずつ、数回に分けて投入し…
胡麻汁20110522-04
しっかりと混ぜ合わせて…
胡麻汁20110522-05
完成!!
味見したら、かなりイイ感じ。

胡麻汁が完成したので、今度は蕎麦打ち…と思ったら…あれっ?

やっちまった…。

蕎麦粉が無いじゃないか…orz

仕方が無いので、たまたま戸棚の中にあった乾そばで我慢。
胡麻汁20110522-06
胡麻汁をちょこっと付けてひと口…おお~っ!!
胡麻の香ばしさと濃厚なコクがたまらない。
ほぼ狙い通りの味になった。

乾そばでも旨かったんだから、手打ち蕎麦だったらもっとイイ感じかも。
それも太打ちの田舎蕎麦が合いそうだ。
早速蕎麦粉を注文しておいた。
届いたら早速やってみよう。

テーマ:蕎麦打ち日記 - ジャンル:グルメ

  1. 2011/05/23(月) 08:38:18|
  2. 蕎麦打ち関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

柚子胡椒!!

先日九州で買った、手作り柚子胡椒。
柚子こしょう20110517
早速鶏もも肉の塩焼で使ってみた。
鶏もも焼20110519
フライパンではなく魚焼き器でじっくりと焼いたので、皮がパリパリに焼けた。
こいつに柚子胡椒をちょこっと付けてひと口。
唐辛子の辛さと強めの塩気を感じた後、柚子の香りが心地良く鼻から抜ける。
時々スーパーで買ってはいたけど、それとはまったく別物の旨さだった。

鶏肉だけではなく、魚とも相性抜群。
ぶりかま焼20110522
ぶりかまの塩焼にちょこっと付けてみたら…
凄い脂の乗りのぶりかまが、柚子の香りのおかげで何とも上品な味になる。
醤油と大根おろしにすだちの王道の組み合わせもいいけど、柚子胡椒だけで食べるのもイイ感じ。
むしろこっちの方が気に入った。

他にもいろんな料理に使えそうなので、いろいろ試してみよう。

テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

  1. 2011/05/23(月) 06:59:49|
  2. クッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

九州便小ネタ集

行きの夕食は名神高速養老SA(下り)にて。
養老SA20110516-01
普通のカツカレーなんだけど…
養老SA20110516-02
東海地方ローカル、オリエンタルカレー!!
その昔、『オリエンタルがっちり買いまショウ』という視聴者参加番組があったなぁ~。
「10万円7万円5万円運命の分かれ道!!」
今は亡きいとし・こいし師匠の司会だった。
オリエンタルの昔のCMはこちら


山陽道福山SA(下り)にて休憩。
広島県で連想するものといえば…
原爆ドーム、広島カープ、牡蠣、広島焼、マツダ、もみじまんじゅう、そして…
福山SA20110516
仁義なき戦い!!
まさかこんなお土産があるとは…。
買わなかったけど、これは個人的に結構ツボだった(笑)


九州に上陸、R10を大分方面に向かう。
途中、道の駅豊前おこしかけにて仮眠。
2時間ほど寝てからトイレに行くと、こんなポスター発見。
道の駅豊前おこしかけ20110517-01
おお~っ…参加したい!!
でも、福岡・熊本・鹿児島…全然方向が違うじゃん(笑)


再びR10を移動、目的地の豊後高田市までひた走る。
その途中、宇佐市内にて…
230000!!20110517
230000km到達!!
ここまで到達するのに4年10ヶ月。
前のKトラはよく壊れたけど、今のKトラはここまでほぼノントラブル。
タフな相棒に感謝!!


豊後高田市にて納品完了、R10を戻って再び道の駅豊前おこしかけへ。
ここで朝食。
道の駅豊前おこしかけ20110517-02
あさり貝汁…気になるなぁ~。
思い立ったら吉日ということで、早速食べてみる。
道の駅豊前おこしかけ20110517-03
貝汁とおにぎりのセット、500円。
道の駅豊前おこしかけ20110517-04
大粒のあさりが旨いこと旨いこと。
さらに貝のエキスが効いた出汁が最高。
速攻で胃袋に収まった。

あと、お土産にこちらを購入。
柚子こしょう20110517
手作りの柚子こしょう。
これ、大好きなんだよね。
特に鶏肉のグリルに付けて食べると最高だったりする。
この前早速やってみたので、また後日報告予定。


一服してからR10を小倉まで移動、『無法松』で昼食を摂ってからR3で門司へ。
関門国道トンネルをくぐって九州とお別れ。
R2を東進、下松市でおやつを食べてからさらに移動が、途中で睡魔に襲われる。
R2バイパスにはパーキングスペースが多く設置されているので、速攻で滑り込み、2時間ほど仮眠。
目が覚めてからまた走り出す。

山口県から広島県に入り、一気に尾道まで。
ここで遅い夕食を摂り、さらに岡山市まで一気に走るが、また眠くなって来た。
コンビニでお茶を買ってから、パーキングスペースまで移動。
シートを倒した瞬間、落ちた(笑)
4時間後に目が覚めたら、空が明るくなり始めていた。


翌日、R2→R43→R25と経由して奈良県に。
『手打そば はやし』で昼食を摂ってから名阪国道を移動。
道の駅針テラスにて、お気に入りのデザートを購入。
葛もちアイス20110517
葛もちアイス。
葛もちを凍らせて、きな粉と黒蜜をかけただけのものだけど、これが旨いんだよね。
ここに寄ると、冬場以外は必ず買って食べるぐらい大好き!!


名阪国道で亀山まで行き、あとはR1→R23と移動。
ここが結構混んでいてノロノロ運転。
四日市を通過する頃には…
四日市市内20110517
陽が沈みかけていた。

愛知県豊明市でR23からR1に合流、あとはひたすら静岡県まで一気に走る。
そして、23:30…やっと自宅に着いた。
往復2000キロとちょっと、帰りはオール下道…さすがに疲れたね。
風呂に入ってから横になったら…瞬殺だったよ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2011/05/21(土) 20:16:46|
  2. Kトラ道中記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

『手打そば はやし』@奈良県北葛城郡広陵町 味わいせいろ

尾道を出て、またまたR2バイパスを東進。
しかし岡山市に入ったあたりで睡魔に襲われる。
幸いR2バイパスにはパーキングスペースが多いので、速攻でパーキングに滑り込む。
そしてシートを倒したら、瞬間で落ちた。
そりゃそうだよね…ほとんど寝ないで運転してたし…(笑)
気付いた時にはもう明るくなりかけていた。
再び移動、神戸からR43、天王寺手前からR25を走り続ける。
奈良県に差し掛かったあたりでランチタイム。
お気に入りの『手打そば はやし』に向かう。

まずはこの店の御馴染み、サービスの古代米。
手打そばはやし20110518-01
これが旨いんだよね~。

今回は、味わいせいろ。
手打そばはやし20110518-02
大盛りの蕎麦を、3種類のそばつゆで楽しむ。

まずは何も付けずにそのまま…相変わらず香り高く旨い蕎麦。
手打そばはやし20110518-03
今回の蕎麦は福井県産の蕎麦粉を使用。

最初のつゆは、辛味大根のつゆ。
手打そばはやし20110518-04
好き嫌いがハッキリと分かれるが、私はその野趣溢れる辛味が大好き。
あらかじめつゆに入っているので、辛さはそれほど過激ではなく食べやすい。

次は明太子のつゆ。
手打そばはやし20110518-05
明太子のピリッとした辛さに大葉の香りが加わって、何とも爽やかな味。
さらに胡麻のプチプチした食感のアクセントが面白い。

そして、胡麻つゆ。
手打そばはやし20110518-06
通常の辛汁に練り胡麻と擦り胡麻を合わせ、しっかりと混ぜ合わせたもの。
これがメチャクチャ旨かったの何の…。
胡麻の濃厚なコクと旨味がたまらない。
さらに醤油使いの魔術師である御主人ならではの返しの旨味が、胡麻の旨さをより引き立てている。
これ、ものすごく気に入ってしまった。
胡麻汁せいろという独立したメニューがあるぐらいの人気の味というのも頷ける。
今度お邪魔した時には胡麻汁せいろを食べること決定~!!(笑)

店を出る前に、ご主人と少しお話。
実は先日藤枝にいらっしゃって、藤枝の脱サラ蕎麦屋の集まりにゲストとして顔を出されたのだ。
『池田屋』で朝ラーも食べられたそうで、朝から満席になったこと、みんな「温」と「冷」の2杯を食べていたことに驚かれたという。
当日私は残念ながら仕事で、ご主人と入れ替わるかのように関西行き。
タイミングが合えばご一緒して『遊喜智』で一杯やりたかったのだが、残念ながら叶わなかった。
もしも再び藤枝にいらっしゃるようでしたら、その時にはご案内させていただきます!!

テーマ:蕎麦 - ジャンル:グルメ

  1. 2011/05/20(金) 17:21:34|
  2. 食べ歩き(蕎麦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『味龍』@広島県尾道市

下松でおやつのラーメンを食べ、再びR2を東進。
途中パーキングスペースで仮眠し、次に向かったのは広島県尾道市。
尾道ラーメンで有名なところである。
しかし時計を見ると、22:00を回っている。
尾道ラーメンの店の多くは閉店時間が早く、ほとんどの店は19:00~20:00に終わっている。
昔行った老舗の名店『朱華園』も終わっている。
そんな中かららーナビでヒットしたこちらの店に…。
味龍20110517-01
『味龍』…比較的新しい店のようだ。

店内に入って、まず視線に入ったのは…
味龍20110517-02
自家製麺。
さらに無化調だという。
これは期待出来そうだ。

腹ペコ状態だったので、注文したのはこちら。
味龍20110517-03
味龍ラーメンの味龍セット…ラーメン+500円でチャーハンと餃子が付く。
ちなみに味龍ラーメンは480円なので、トータルで980円(税別)。

まずは味龍ラーメン。
味龍20110517-04
『伊駄天』みたいなおしゃれな丼。
尾道ラーメンは昔ながらの丼というイメージを抱いていたから、ちょっと意表を突かれた。
まずはスープをひと口…スッキリした醤油味で、鶏の旨味の後であごだしの香りが心地良く鼻を抜ける。
さらに豚の背脂のコク…まさに尾道ならではの味。
わざとらしい旨味がいつまでも口の中に残らないのが無化調らしくていい。

麺はウェーブのかかった細麺。
味龍20110517-05
『朱華園』のような平打ちではないが、この形状なのでスープの絡みが抜群。
しっかりとした腰と、縮れ麺らしい喉越しの抵抗感がイイ感じ。
自家製麺らしく、小麦の味も濃厚。

チャーハンは、やや色が濃い目。
味龍20110517-06
以前行った『萬來軒』のチャーハン(この時は食べなかったが…)ほど濃くはないが、それでも濃い。
これは尾道スタイルなのかな?
味も濃い目だけど、焦がし醤油の香ばしさがイイ感じ。
こういう味付け、結構好きかも。

餃子。
味龍20110517-07
しっとりした食感で、味は軽めだから、いくつでも食べられそうだ。
これを肴に生ビール…といきたいところだが、車だからアウト…orz
隣の兄ちゃんが餃子を肴にジョッキを傾けている光景をうらめしそうに見ながら、ひたすら我慢。

どことなくチェーン店っぽい店の作りだけど、ラーメンは尾道ラーメンの王道を行く味だった。
特に無化調らしいクリアな後味が良い。
伝統の味以外にもトマトラーメンみたいな新しいメニューもあったりして、これも気になったりした。
もしも尾道に住んでいたら、何度か通うだろうね。

小倉、下松、そして尾道…まさにラーメン激戦区である。
今回は時間が無かったからゆっくりと回ることが出来なかったが、機会があればゆっくりと食べ歩きをしたい。
でも、いつになるのやら…。



味龍尾道店




関連ランキング:ラーメン | 東尾道駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2011/05/20(金) 11:07:24|
  2. ラーメン(広島県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『紅蘭』@山口県下松市

『無法松』を出て、小倉から門司へ。
関門トンネル門司側20110517
関門トンネル門司側入口。
ここをくぐって九州とお別れ、山口県に入る。
あとはひたすらR2をひた走る。

山口県に入って3時間、そろそろおやつの時間ということで、こちらの店へ。
紅蘭20110517-01
下松市の『紅蘭』…下松ラーメンの店である。


知名度はそれほど高くはないが、下松市には「下松ラーメン」というご当地ラーメンがある。
牛骨スープという個性的なラーメンである。
5年前に『北斗亭』という店で初めて食べて、その旨さに唸ったものだ。

今回注文したのは、中華そばの並。
紅蘭20110517-02
半濁の、どことなく博多ラーメンを思わせるルックス。

まずはスープをひと口…牛骨ならではの重厚な旨味と甘味が一気に広がる。
まるでサラサラのビーフシチューのような味。
以前食べた『北斗亭』ではやや獣臭が感じられたが、こちらのスープは上手く押さえ込んでいる。
それでも旨味は濃厚。

麺はストレートの細麺。
紅蘭20110517-03
博多麺をやや太目にしたような感じの少加水麺で、どことなく博多ラーメンにも似たポキポキ感がある。
この麺が重厚なスープにドンピシャで、箸が止まらなくなる。

チャーシューは薄切りで、やや固目。
噛み締めていくにつれて味が出て来るタイプ。
個人的にはもう少し柔らかいほうが好みだけど、これはこれで有りだと思う。

チャーシューの下にはもやしが隠れていて、これが相性抜群。
その強いスープの箸休めとして、非常に良い仕事をしている。
スープ→麺→スープ→もやし…この繰り返しで速攻完食!!

久々の下松ラーメン、相変わらずの旨さだった。
一杯500円(並)という安さも嬉しい。
『北斗亭』がどちらかというとワイルドな感じだったのに対して、こちらはかなり洗練されていた。
店主をはじめスタッフは全員女性であり、その味に女性ならではの細かい気配りが感じられた。
他にもいろいろな旨い店があるというから、機会があったら下松ラーメンの食べ歩きをしてみたいものだ。
でも、山口県はあまりにも遠いからなぁ~…。



中華そば 紅蘭




関連ランキング:ラーメン | 下松駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2011/05/20(金) 07:06:04|
  2. ラーメン(山口県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『無法松』@北九州市小倉北区

月曜日の昼から、久々の九州便。
行き先は大分県豊後高田市で、翌朝7:00の納品予定。
ある程度時間に余裕もあるので、無理せずに走り続ける。
AM4:00ちょい過ぎに約30キロ手前の『道の駅豊前おこしかけ』に到着、ここでちょっと仮眠。
7:00ちょい前に納品先に到着。
荷受け開始は7:30からだったので、しばらく待機したのち納品完了。
再び『道の駅豊前おこしかけ』に戻り、1時間ちょっと休憩してから出発。

小倉に入った頃にはちょうどランチタイム。
以前スカパーで見た『無法松』に向かった。

無法松…
小倉生まれで 玄海育ち~♪
口も荒いが 気も荒い~♪

『無法松の一生』の歌詞から想像すると、武骨で男っぽい店が思い浮かびそうだけど…
無法松20110517-01
割と今っぽい店の作り。

店内に入ると、店いっぱいに広がる豚骨臭。
やっぱりこうでなくっちゃ!!
でも店内は結構清潔だし、BGMはジャズ…このアンバランスが面白い。
店主も荒くれ男ではなく、気持ち良い接客に好感が持てる。

今回は店おすすめの無法松ラーメンを注文。
店主の動きを見ながら待っていると、湯切りがダイナミック!!
何と、茹で上がった麺を2メートルぐらい上に飛ばしてキャッチ!!
この動きがなかなかカッコイイ。

しばらくしてラーメンが出て来た。
無法松20110517-02
2種類のチャーシュー、2種類のねぎ、ワンタン、きくらげ、豆板醤…全部入りである。

まずはスープから…意外とあっさりしていて、やや拍子抜け。
しかし、飲むほどに豚の旨味がジワリジワリと広がって行く。
一口目よりも二口目、二口目よりも三口目…どんどん厚味が増して来る。
インパクトよりも追い味の良さが印象に残るところに無化調らしさを感じる。
いきなりガツンと来るパワフルな豚骨もいいけど、こういう豚骨もいいね。

麺は博多流の少加水極細ストレート。
無法松20110517-03
腰があってポキポキした食感が小気味良く、スープとの相性抜群。
やっぱり九州に来たらこういう麺がいいね。
チャーシューは割としっかりとした味付けで、柔らかい食感がいい。
肉の旨味もしっかりと封じ込められている。
ワンタンは少な目の餡ながら、結構肉の旨味が濃厚で、チュルンとした食感もイイ感じ。
そして、九州のラーメンには外せないきくらげ…きくらげ大好きオヤジには嬉しい限り。

無化調のこだわりは、こんなところにも。
無法松20110517-04
よくある真っ赤な紅生姜ではなく、「ガリ」のようなタイプ。
変な薬臭さは皆無で、スープが赤く変色することもない。

麺を速攻で完食、当然替え玉も注文。
今度は辛子高菜を入れて楽しむ。
ピリッとした辛味も加わって、箸が止まらなくなる。
気付いたら、丼は空っぽになっていた。

無化調らしいあっさりした味わいの中にも深みと力強さを感じさせるスープに小気味良い食感の麺。
昔ながらの豚骨ラーメンとも、ニューウェーブ系とも違う。
両方の良さを絶妙にブレンドさせたような一杯だった。
こういう店が近くにあったら、きっと通うだろうね。
他にも気になるメニューがあったし、再訪は確実…と言っても、いつになることやら(笑)



無法松




関連ランキング:ラーメン | 香春口三萩野


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2011/05/19(木) 10:38:50|
  2. ラーメン(福岡県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

で、早速…

自家製パンチェッタを使ってランチを作ってみた。
なんちゃってアマトリチャーナ20110514-01
拍子木状にカットしたものをフライパンでじっくりと炒め…
なんちゃってアマトリチャーナ20110514-02
そこにたまねぎを投入、さらに炒めたら…
なんちゃってアマトリチャーナ20110514-03
トマトの水煮缶を投入、強火で水分を飛ばして煮詰めたものを…
なんちゃってアマトリチャーナ20110514-04
パスタと和え、パルミジャーノ・レッジャーノを加えてさらに混ぜ合わせて…
なんちゃってアマトリチャーナ20110514-05
完成!!
グアンチャーレとペコリーノ・ロマーノを使えばアマトリチャーナだけど…
パンチェッタとパルミジャーノ・レッジャーノを使ったから…
なんちゃってアマトリチャーナ(爆)
でも、これはこれでなかなかイイ感じだったよ。
今度はカルボナーラを作ってみようかな。

テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

  1. 2011/05/14(土) 15:04:12|
  2. クッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久々に…自家製パンチェッタ(5日目~完成)

5月4日(5日目) ピチットシート3回目の交換
自家製パンチェッタ20110504-01
自家製パンチェッタ20110504-02
428グラム→419グラム

5月5日は所用でピチットシート交換出来ず。

5月6日(7日目) ピチットシート4回目の交換
自家製パンチェッタ20110506-01
自家製パンチェッタ20110506-02
419グラム→411グラム

5月7日(8日目) ピチットシート5回目の交換
自家製パンチェッタ20110507-01
肉の色が飴色になって来た。
自家製パンチェッタ20110507-02
419グラム→411グラム

5月9日(10日目) ピチットシート6回目の交換
自家製パンチェッタ20110509-01
自家製パンチェッタ20110509-02
411グラム→393グラム

5月12日(13日目) ピチットシート7回目の交換
自家製パンチェッタ20110512-01
本当は前日にやりたかったのだが、茨城からの帰宅が朝帰りになったので1日延びた。
自家製パンチェッタ20110512-02
393グラム→385グラム

5月14日(15日目) 完成
自家製パンチェッタ20110514-01
自家製パンチェッタ20110514-02
385グラム→380グラム
薄くカットしてみると…
自家製パンチェッタ20110514-03
中まできれいに脱水されている。
これをフライパンで焼いて試食。
自家製パンチェッタ20110514-04
このままだと結構塩気が強いが、料理に使えば丁度良い塩梅になるんじゃないかな。
今日のランチで早速試してみよう。

残ったものは…
自家製パンチェッタ20110514-05
必殺真空パックで冷蔵庫行き。

テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

  1. 2011/05/14(土) 10:30:08|
  2. クッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ジャンクガレッジ』@東京ラーメンストリート

東京ハンドキャリー片道便の帰り、ちょっと遅い昼食。
久々の片道便ということで、東京駅一番街でちょっと寄り道。
東京ラーメンストリートの規模が大きくなったということで、ちょっと覗いてみることに…。
新しく加わった『麺や 七彩』や『麺処 ほん田』に行こうかと思ったけど…
ジャンクガレッジ20110506-01
結局、この看板の誘惑に負けた…(爆)

今回食べたのは、こちら。
ジャンクガレッジ20110506-02
御馴染みのまぜそば大+無料トッピング全部乗せだけど、ズームアウトすると…
ジャンクガレッジ20110506-03
2種類のつけ汁付き!!
一昨年の大つけ麺博で出品したまぜつけが、東京ラーメンストリート店限定で復活したのである。

大つけ麺博の時に食べたまぜつけ、これがど真ん中のストライク!!
ただ、「最初で最後」と謳っていたので、食べられたのはこの時のみ。
それでもどうしても食べたくて、『六厘舎』のおみやげつけ麺を応用した自作までやってしまう始末(笑)
それが復活したとあれば、食べないわけにはいかないね。

まずはまぜそばの流儀に従って…
ジャンクガレッジ20110506-04
ぐちゃぐちゃに混ぜ合わせてひと口。
ワシワシした極太麺に濃い味付け、大量の背脂がカオス状態になって、強烈な味わいがたまらない。
彦麻呂風に言えば…
まさに、食の、バイオレンスや~~~!!
…と言ったところか(笑)

大つけ麺博の時にはつけ汁が1種類だったのが、2種類になっている。
まずは白い方のつけ汁。
ジャンクガレッジ20110506-05
超濃厚な豚骨魚介のつけ汁で、まぜそばにコク深さを加えてくれる。
いかにも味が濃そうだけど、塩分控え目なのでしょっぱくない。

次に黒い方のつけ汁。
ジャンクガレッジ20110506-06
黒いのはマー油かな?
でも、マー油を加えただけじゃ芸が無いよね…などと思いながらひと口…おお~~~っ!!
何と、カレー味!!
それも、結構スパイシーで私好みの味。
そのスパイシーなカレー味に超濃厚豚骨は、まさに反則の組み合わせ。

まぜそば、白つけ汁、黒つけ汁…この3つの味をランダムに楽しみ、途中で変化を与えるために…
ジャンクガレッジ20110506-07
ニンニクを投入したり七味唐辛子を投入したり、味わい方は無限。
大盛りが速攻で胃袋に消えて行った。

今まで自作でしか楽しめなかったまぜつけ、これが店で味わえるようになったのは嬉しい限り。
ジャンガレさん、ありがとう~。



ジャンクガレッジ 東京駅




関連ランキング:ラーメン | 東京駅京橋駅二重橋前駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2011/05/08(日) 14:36:16|
  2. ラーメン(東京都)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久々に…自家製パンチェッタ(3~4日目)

5月2日(3日目) ピチットシート1回目の交換
自家製パンチェッタ20110502-01
自家製パンチェッタ20110502-02
450グラム→439グラム

5月3日(4日目) ピチットシート2回目の交換
自家製パンチェッタ20110503-01
少し肉が締まって来た。
自家製パンチェッタ20110503-02
439グラム→428グラム
着実に脱水が進んでいる。

今夜、3回目の交換の予定。

テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

  1. 2011/05/04(水) 10:51:38|
  2. クッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々に…自家製パンチェッタ(塩漬け~乾燥)

この前買ったグアンチャーレがあまりにも旨かったので、自作してみようと思ったものの…
豚の頬肉や首肉のブロックが簡単に入手出来るわけがなく、妥協してばら肉のブロックを購入。
久し振りにパンチェッタを仕込んでみることにした。

まずは豚ばら肉の塩漬け作業。
まずは豚ばら肉にフォークをブスブスと刺して穴を開ける。
こんな要領で…(嘘)

体型的に見ても、ブッチャーが刺される側だし…(爆)
次に、ジップロックに豚ばら肉、肉の重量の8%の塩を入れ、よく揉んでから冷蔵庫で一晩寝かせる。

一晩経過。
漬け込み前の重量は肉が450グラム、塩が36グラムで、合計486グラム。
それが一晩漬け込むことで、ドリップが20グラム出た。
自家製パンチェッタ20110501-02
自家製パンチェッタ20110501-03
肉を裸のままバットに入れ…
自家製パンチェッタ20110501-01
そのまま冷蔵庫に入れて表面を乾燥させる。

表面がある程度乾燥したら、ここで秘密兵器登場。
自家製パンチェッタ20110501-04
ピチットシート…浸透圧脱水シート。
これで肉を包み、冷蔵庫に入れる。
自家製パンチェッタ20110501-05
今日の作業はここまで。
あとは1~2日ごとにピチットシートを交換し、約2週間で完成する。
その間に肉の水分がピチットシートに吸収されていく。
ピチットシート交換時に重量を測るので、その都度ブログで報告していこうと思う。

テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

  1. 2011/05/01(日) 19:48:30|
  2. クッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

3周年企画 (6)
Kトラ道中記 (45)
ハンドキャリー道中記 (15)
旅日記 (5)
食べ歩き(ラーメン) (174)
ラーメン(伊駄天・権坐) (29)
ラーメン(静岡県) (24)
ラーメン(青森県) (4)
ラーメン(山形県) (3)
ラーメン(福島県) (2)
ラーメン(東京都) (42)
ラーメン(神奈川県) (5)
ラーメン(千葉県) (3)
ラーメン(埼玉県) (6)
ラーメン(茨城県) (9)
ラーメン(栃木県) (1)
ラーメン(群馬県) (1)
ラーメン(長野県) (5)
ラーメン(新潟県) (1)
ラーメン(愛知県) (9)
ラーメン(岐阜県) (2)
ラーメン(三重県) (1)
ラーメン(兵庫県) (2)
ラーメン(京都府) (2)
ラーメン(奈良県) (8)
ラーメン(和歌山県) (1)
ラーメン(広島県) (3)
ラーメン(山口県) (1)
ラーメン(徳島県) (1)
ラーメン(高知県) (1)
ラーメン(福岡県) (8)
食べ歩き(蕎麦) (6)
食べ歩き(その他正常系) (67)
食べ歩き(その他アブノーマル系) (7)
食べ物(正常系) (21)
食べ物(インスタント&コンビニ系) (31)
食べ物(その他アブノーマル系) (6)
駅弁・空弁・その他弁当 (16)
GRANSTA (15)
ネオ屋台 (7)
蕎麦打ち関連 (23)
手打ちパスタ (1)
クッキング (57)
酒・肴 (76)
猫 (11)
車(仕事用) (5)
車(プライベート用) (4)
ボウリング (7)
親不知 (8)
その他いろいろ (67)
未分類 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

必殺仕食人

Author:必殺仕食人
FC2ブログへようこそ!

食べログ

口コミグルメサイト[食べログ]

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

FC2 アクセスカウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。