必殺仕食人

それで今日は…一体何処の何を食べろと仰るんで…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

長野道姨捨SA(上り)にて

長野行き早朝便の帰り、長野道姨捨SAにて休憩。
姨捨SA20090717-01
姨捨といえば、まず頭に浮かぶのが、姨捨山の棄老伝説。
棄老伝説を題材とした深沢七郎の小説『楢山節考』は、のちに映画化もされた。
映画版での坂本スミ子、緒方拳の迫真の演技に涙した人も多いかと思う。
私もその一人。

私にとって坂本スミ子といえば、この映画の「おりん」のイメージが強かった。
役作りのために前歯を短く削ってこの映画に臨んだという。
だから先日スカパーで観た、田宮二郎の『犬シリーズ』でのノーテンキな役どころは衝撃的だったなぁ~。
ま、あれはあれでいいキャラだったけどね。

話を元に戻そう。
映画での『楢山節考』は暗く重いストーリーで、そのせいか棄老伝説に対して良くないイメージを持っている人が少なくない。
しかし、民話として伝えられている棄老伝説は、知恵と慈愛の物語なのである。
姨捨SA20090717-02
この写真を見ていただきたい。
息子に背負われた年老いた母親が、枝を折っている。
姨捨山に向かう道程で、母親は何度も枝を折り続けた。
この親子の住む国の殿様は老人嫌いで、60歳(70歳という説もある)になったら老人を山に捨てるようにお触れを出していた。
山にたどり着き、息子は母親を置いて山を降りようとするが、あたりはもう暗く、道に迷ってしまう。
仕方なく母親の元へ戻って行くと
「私が折って捨てた枝を頼りに歩けば、迷わずに村に帰れるから、それを頼りにお帰り」
と母親が言う。
優しい母親の愛情に触れた息子は殿様のお触れに背くことを決心、母親を村に連れ戻し、見つからないように隠すことにした。

そんなある日、殿様のところに隣国の使いがやって来た。
「灰で縄を綯いなさい。出来なければあなたの国に攻め込む」
困り果てた殿様は、誰か知恵のある者はおらんのかと国中にお触れを出した。
そのお触れを知った息子がこのことを母親に伝えると
「なに、簡単なことじゃ。塩水に浸した藁で縄を綯って、それを焼けばいい」
息子は早速母親の言う通りにやってみて、それを殿様に差し出した。
姨捨SA20090717-03
姨捨SA20090717-04
殿様は喜び、息子に褒美を与えた。

見事にしてやられた隣国、さらなる難題を持ち込んで来た。
曲がりくねった小さい穴の開いた玉を持参し
「この穴に糸を通しなさい。出来なければあなたの国を滅ぼす」
殿様はまたお触れを出した。
息子はまた母親の知恵を借り
「片方の穴に蜂蜜を縫って、もう片方の穴から糸をくくり付けた蟻を入れなさい」
息子はその方法で見事に糸を通した。

次々に無理難題を解かれてしまった隣国の殿様は
「こんな知恵者の居る国に攻め込んでも勝ち目は無い」
と言って、侵攻を断念した。

国の危機を救われた殿様はたいそう喜んで、息子に褒美を与えようとした。
しかし息子はそれを断り、自分が殿様の命令に背いて母親を姨捨山から連れ戻したこと、難題を解決したのはすべてその母親の知恵であることを正直に述べた。
その上で、これからずっと母親と暮らして行けるように殿様にお願いした。
殿様は自分の間違いを反省し、棄老をやめることを決心した。


高齢化社会といわれる現代、テレビや新聞では棄老と同等、いや、それ以上に老人を虐めるようなニュースが少なくない。
そんな時代なだけに、この民話はひとしお胸に来た。
今だからこそ知っておきたい、正しく伝承され続けて欲しい民話であると思う。

スポンサーサイト

テーマ:信州 - ジャンル:地域情報

  1. 2009/07/19(日) 11:11:32|
  2. 仕事道中記(車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<信州限定 その1 | ホーム | カレーつけうどん>>

コメント

お年寄りの生活の知恵というか、年の功は馬鹿に出来ませんね。親孝行もさることながら、この民話はそれも教えているんでしょうね。
  1. 2009/07/19(日) 19:41:18 |
  2. URL |
  3. 桃源児 #-
  4. [ 編集]

小学校の時、この話を聞きましたよ。
ゴリさんは母想いな人だから、こういう話に弱そうだね。
そんなゴリさんとどこかで一杯やりたいですな。
(前にも言ったかなぁ?)
  1. 2009/07/19(日) 20:02:15 |
  2. URL |
  3. 熱血漢 #sSHoJftA
  4. [ 編集]

>桃源児さん
ちょっとした知恵でも、結構理にかなっていたりして、年輪の重みのようなものを感じますね。
人生の大先輩としてリスペクトすることが多いです。
  1. 2009/07/20(月) 18:34:38 |
  2. URL |
  3. ゴリ #o14txy56
  4. [ 編集]

>熱血漢さん
図星です(笑)
母親思いかどうかはわかりませんが、こういう話には弱いですね。
機会があったら是非飲みたいですね。
  1. 2009/07/20(月) 18:38:38 |
  2. URL |
  3. ゴリ #o14txy56
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shisyokunin.blog59.fc2.com/tb.php/250-ba813a66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

3周年企画 (6)
仕事道中記(車) (45)
仕事道中記(鉄道) (15)
旅日記 (5)
食べ歩き(ラーメン) (174)
ラーメン(伊駄天・権坐) (29)
ラーメン(静岡県) (24)
ラーメン(青森県) (4)
ラーメン(山形県) (3)
ラーメン(福島県) (2)
ラーメン(東京都) (42)
ラーメン(神奈川県) (5)
ラーメン(千葉県) (3)
ラーメン(埼玉県) (6)
ラーメン(茨城県) (9)
ラーメン(栃木県) (1)
ラーメン(群馬県) (1)
ラーメン(長野県) (5)
ラーメン(新潟県) (1)
ラーメン(愛知県) (9)
ラーメン(岐阜県) (2)
ラーメン(三重県) (1)
ラーメン(兵庫県) (2)
ラーメン(京都府) (2)
ラーメン(奈良県) (8)
ラーメン(和歌山県) (1)
ラーメン(広島県) (3)
ラーメン(山口県) (1)
ラーメン(徳島県) (1)
ラーメン(高知県) (1)
ラーメン(福岡県) (8)
食べ歩き(蕎麦) (6)
食べ歩き(その他正常系) (67)
食べ歩き(その他アブノーマル系) (7)
食べ物(正常系) (21)
食べ物(インスタント&コンビニ系) (31)
食べ物(その他アブノーマル系) (6)
駅弁・空弁・その他弁当 (16)
GRANSTA (15)
ネオ屋台 (7)
蕎麦打ち関連 (23)
手打ちパスタ (1)
クッキング (57)
酒・肴 (76)
猫 (11)
車(仕事用) (5)
車(プライベート用) (4)
ボウリング (7)
親不知 (8)
その他いろいろ (67)
未分類 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

必殺仕食人

Author:必殺仕食人
FC2ブログへようこそ!

食べログ

口コミグルメサイト[食べログ]

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

FC2 アクセスカウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。