必殺仕食人

それで今日は…一体何処の何を食べろと仰るんで…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

またまたとんてき!!

…と言っても、『来来憲』に行ったわけではない。
富士市の『まさご食堂』にも、大とんてき定食があるのだ。
まさご食堂20120719
『来来憲』との違いは、皿ではなく鉄板に盛られていることと、キャベツが千切りではなく乱切り。
だから…

湯気も凄い(笑)
さらに箸ではなく、ナイフとフォークで食べさせる。

早速ひと口…『来来憲』よりもややソースの味が尖ってるかな。
それ故『来来憲』よりも力強さはあるけど、個人的には『来来憲』のまろやかな味のほうが好み。
乱切りキャベツなのでソースの絡みは千切りほど良くないが、ソースの味が強いから乱切りの方が相性は良いかな。

ナイフとフォークが付いて来るから、これならば女性でも抵抗なく食べられる。
『来来憲』のように、肉の塊を箸でガバッと掴んでかじり付くような食べ方は、さすがに女性にはキツイかと(笑)
あと、鉄板なのでいつもアツアツなのが嬉しい。
この点は本家の『来来憲』を圧倒的にリードする。

イメージとしては、『来来憲』を洗練させたような感じ。
でも、個人的には『来来憲』の無骨でワイルドな感じが好み。
肉にかじり付き、ソースがいっぱい絡んだ千切りキャベツを飯に乗っけてかき込む。
これがいいんだよね(笑)
ワイルドだけど、ソースの味も柔らかいし…。
このソースの味の違い、知識や技術を超越したものがあるんだよなぁ~…。

スポンサーサイト

テーマ:肉・肉・肉 - ジャンル:グルメ

  1. 2012/07/21(土) 19:13:12|
  2. 食べ歩き(その他正常系)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<卵黄の塩麹漬け | ホーム | 穴子丼再び>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shisyokunin.blog59.fc2.com/tb.php/667-6fc48337
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

3周年企画 (6)
仕事道中記(車) (45)
仕事道中記(鉄道) (15)
旅日記 (5)
食べ歩き(ラーメン) (174)
ラーメン(伊駄天・権坐) (29)
ラーメン(静岡県) (24)
ラーメン(青森県) (4)
ラーメン(山形県) (3)
ラーメン(福島県) (2)
ラーメン(東京都) (42)
ラーメン(神奈川県) (5)
ラーメン(千葉県) (3)
ラーメン(埼玉県) (6)
ラーメン(茨城県) (9)
ラーメン(栃木県) (1)
ラーメン(群馬県) (1)
ラーメン(長野県) (5)
ラーメン(新潟県) (1)
ラーメン(愛知県) (9)
ラーメン(岐阜県) (2)
ラーメン(三重県) (1)
ラーメン(兵庫県) (2)
ラーメン(京都府) (2)
ラーメン(奈良県) (8)
ラーメン(和歌山県) (1)
ラーメン(広島県) (3)
ラーメン(山口県) (1)
ラーメン(徳島県) (1)
ラーメン(高知県) (1)
ラーメン(福岡県) (8)
食べ歩き(蕎麦) (6)
食べ歩き(その他正常系) (67)
食べ歩き(その他アブノーマル系) (7)
食べ物(正常系) (21)
食べ物(インスタント&コンビニ系) (31)
食べ物(その他アブノーマル系) (6)
駅弁・空弁・その他弁当 (16)
GRANSTA (15)
ネオ屋台 (7)
蕎麦打ち関連 (23)
手打ちパスタ (1)
クッキング (57)
酒・肴 (76)
猫 (11)
車(仕事用) (5)
車(プライベート用) (4)
ボウリング (7)
親不知 (8)
その他いろいろ (67)
未分類 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

必殺仕食人

Author:必殺仕食人
FC2ブログへようこそ!

食べログ

口コミグルメサイト[食べログ]

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

FC2 アクセスカウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。